いつもの野菜にプラス!小さな子どもも食べてくれる野菜の食べ方は?

円になったカラフルな野菜 子育て

現在、1歳9ヶ月の息子は少し前までは野菜でも出汁で煮たものだけでもパクパク食べていました。しかし、最近では野菜をただ煮ただけでは口から出したり、残したりするようになってきました。

まだ、あまり調味料も少量しか使っていないので、「どんな料理なら子どもも食べてくれるかな?」と試行錯誤中です。

そして、いつもの野菜もちょっと工夫するだけで立派なお料理になり、子どもも前のめりで喜んで食べてくれるようになりました。

毎日の食事の準備は大変です。そこで簡単にできて、子どもも喜ぶメニューをいくつか紹介したいと思います^^

ごはんもの

お釜のご飯を混ぜるしゃもじ

わが家の息子はごはんは大好きなので、そのままでも食べると思いますが、このごはんと野菜を組み合わせることで、残しがちな野菜も食べてくれます^^

チャーハン

いろんな野菜を小さなサイコロ上に切って、ごはんと炒めるだけで簡単でおいしいチャーハンになります♪

オムライス

チャーハンの要領で作り、そこに少量ケチャップで味付けし、卵で包めば子どもも大好きオムライスになります。

卵で包まず、ケチャップライスだけにしたり、卵を炒り卵にして、ケチャップライスに混ぜる簡単バージョンでもいですね!

カラフルなごはんだと見た目にもかわいく、子どもの食への興味も湧きそうです^^

あんかけ丼

同じく、サイコロ上に切った野菜をだし汁で煮ます。野菜が柔らかくなったら、そこに少量の砂糖と醤油を足しほんのり味をつけます。

最後に、水で溶いた片栗粉でとろみをつければあんかけの出来上がり!あんをごはんの上にかければあんかけ丼です。

あんかけは特に冷めにくいので、食べさせる時には、口の中を火傷をしないようによく注意してくださいね。

おかず

重ねられている茶色いお皿

野菜が苦手なお子さんには、できるだけ野菜を柔らかくしたり、小さくしてあげるといいですね。

玉ねぎやにんじん、ピーマンなどもよく加熱することで甘みが出たり、細かくして他の具材に紛れることで食べやすくなります^^

シチュー

好みの大きさに切った野菜を煮て、そこに牛乳と少量のコンソメを加え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけるとできあがり!

卵和え

野菜を煮たり、炒めたものに卵を加え、一緒に炒めることで、卵が野菜に絡み、野菜も卵と一緒に食べてくれます♪

ヨーグルト和え

いつもの野菜を煮たものに、ヨーグルトを和えるだけでヨーグルトのサラダのようになります。

野菜ハンバーグ

野菜をサイコロ上に切って、よく炒めて柔らかくしておきます。それをハンバーグのタネに加え、よく混ぜます。

ここに豆腐を入れるとよりふわふわのハンバーグになります。タネを小さくまとめて焼き、月齢に応じてケチャップなどのソースをかけます。

一食分だけ作るのは大変なので、大人の分と一緒にたくさん作って、冷凍しておくと便利です♪

おやつにも

さつまいもの蒸しパン

まだ子どもが小さいうちは、子どもの胃袋が小さいので、2〜3時間でお腹が空いてしまいます。

そこで、食事を補う形で補食を食べます。できればスナック菓子のようなものだけでなく、腹持ちがいいものも選べるといいですね。

お好み焼き

そこでおすすめなのがお好み焼きです。キャベツの他にもにんじんやピーマンなど好きな野菜を小さく切って生地に練り込んで焼きます。

蒸しパン

蒸しパンはカボチャやさつまいも、にんじんなど、それぞれの蒸しパンにしたり、加熱したいろんな野菜の角切りを練り込んだ野菜蒸しパンにしてもいいですね。

ホットケーキミックスを使った簡単なものや、電子レンジ、フライパンを使ってできるものもあります。検索すると、たくさん出てくるのでぜひ見てみてください^^

こうしたおやつを手作りすると、おやつからも野菜をたっぷり摂ることができます♪

子どもに合った味付けを

2品の離乳食

わが家はまだほとんど薄味のものしか食べていないので、こういったこれまでの野菜に他のものをプラスするだけでもバクバク食べてくれます。

幼児食が進んできて、これでは物足りないようになってきたら、もう少し調味料を足して味付けを楽しめるようにしてあげるといいですね。

ただ、味の濃いものはおいしく、よく食べてくれると思いますが、早い段階から濃い味に慣れてしまうと、薄味のものを食べなくなってしまうので注意が必要です。

大人のものよりも味を薄くした上で月齢に合った濃さの味付けにして、徐々に大人の味付けに近づけていきましょう。

食事はおいしく、楽しく食べられることが一番です。子どもの興味を引くように食材に触れてみたり、少しお手伝いをしてみたりするのもいいと思います。

子どもたちと笑って楽しく食べる食卓になるように、心がけていきたいですね^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました