農家の嫁がトラクターに初挑戦!玉ねぎ収穫の戦力になれるか?

畑を耕しているトラクター 農業

わが家は、北海道にある玉ねぎ農家です。今年も玉ねぎの収穫の時期がやってきました。

基本的には義父と夫の2人で仕事をしているのですが、北海道の畑の面積はとにかく大きい!

人手もいるし、時間もかかるので、できることを手伝うため、また将来的に夫と2人で農家を本格的にやっていくためにトラクターに挑戦することになりました^^

農家の仕事を手伝う

自然の中に置いてある軽トラック

わたしは、北海道にある農家に嫁ぎ、その年から農家のお手伝いを始めました。

もともと持っている自動車免許がAT限定だったので、今年の春にAT限定解除を取り、夏に大型特殊免許を取得しました!

AT限定解除で軽トラに乗れるようになり、わたしの場合は普通免許を取った時期の兼ね合いで8tまでのダンプも乗ることもできます。

そして、今回の大型特殊免許取得でトラクターに乗れるようになりました!トラクターに乗れるようになると、いろんな作業を手伝えるようになります。

これまでは、人手を必要とする草取りや選別などの手作業の手伝いが主でしたが、畑をおこしたりすることもできるようになります。

初めてのトラクター

作業現場のホイールローダー

自動車教習所で乗っていたのは、ホイールローダーという機械で、こんなやつですね。農家の仕事で使うトラクターはまた違う機械で、操縦方法も機械によって違います。

なので、まずはこれから乗るトラクターの操縦方法を教わって、畑の空いているところで練習開始!

今回、初めて乗るのがF70というトラクター。古いもので、キャビンがついていないタイプのものです。

後ろにコンテナをつけたトラクター

まずは、これの発進、停止方法、必要な動作を教わります。そして、それがスムーズにできるように練習します。

初仕事

玉ねぎ畑と大きなコンテナ

このコンテナの奥が玉ねぎ畑です。わたしがまずやるのは、玉ねぎの収穫のために大コンを組む手伝いをすることです。

大コンとは大きいコンテナの略で、玉ねぎを収穫していく際にこの大コンに玉ねぎを入れていきます。

組み立て前と後のコンテナ

組み立て式なので今は、5枚の鉄板が重なっている状態です。それを、夫が手作業で組み立てるため、わたしは4セット積み重ねられた大コンをトラクターで玉ねぎを拾う場所に運びます。

植えられている玉ねぎの列の横に大コンを置き、4セット重なっているので、それを1つずつ置いていきます。これがわたしのトラクターでの初仕事でした。

玉ねぎ収穫時

葉っぱが枯れて倒れている玉ねぎ

あとは、玉ねぎを収穫するときにも仕事があります。玉ねぎの葉がこんな風に倒れてきたら収穫の合図です。

根切りといって、専用の機械で根っこを切ります。その後、いよいよ収穫です。夫が玉ねぎを収穫するピッカーという機械で、大コンいっぱいになるまで収穫します。

コンテナに積まれた玉ねぎ

すると、夫がその大コンをピッカーから外して地面に置くので、それまでにわたしはトラクターで空の大コンを持って来てスタンバっておきます。

そして、玉ねぎの収穫の続きをするピッカーがそのままの角度でコンテナを取り付けられる位置にトラクターでコンテナを置きます。ここが重要だそうです。

そして、満杯になった大コンに義父がテントをかけ、テントのかかった大コンをわたしが畑の隅っこに並べていきます。

これを延々と繰り返すのです。テントというのは、大コンにピッタリになるように作られたビニール製の布で、雨で濡れてしまうことを防ぐためにかけるものです。

コンテナにかけられたテント

フックがついているので、それを大コンに引っかけて外れないようにします。このテントかけの作業を以前はわたしがやっていました。

トラクターに乗ってみて

道を走るトラクター

教習所では、ただコースを走れればいいだけでしたが、仕事となると走りながら作業が入ってきます。

今回のF70というトラクターの役割は、後部にあるフォークにコンテナを刺して運ぶというものでした。

トラクターのフォーク

フォークはこんな風になっていて、トラクターの後ろにあるので、バックでコンテナを刺さなければいけません。

トラクターの向きや角度、位置がちょうどコンテナの中心と合うように操縦するのに苦戦しました^^;

ハンドルを回しているうちに、どっちにハンドルを切っているのかわからなくなってきて、「あれれ…?」と、あらぬ方向へいくわたし^^;

「どこ行くねーん!」と夫からのツッコミが入ります(笑)夫のアドバイスで前輪のタイヤの向きを見ながら調整することを覚えました。

そして、コンテナにフォークを刺せる場所も決まっているので、その場所に合うようにフォークを上下させて高さを合わせます。

これは難しくはないのですが、「バックしながら止まらずに調整して!」との夫からの要望なので、できるように練習中です。

発進もスムーズにできず、ガクンとなってしまったり、ゆっくり作業をするべき時に速すぎたりするので、そのクラッチやアクセルの踏み具合が難しいです。

でも、これも慣れだと思うので、実践しながら練習して上達を目指していきたいと思います^^!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました