ピンチはチャンス!もやもやしたり上手くいかない時こそ視点を変えてみよう!

空とビルを背に振り返っている女性 考え方

なんとなくもやもやする、気分が上がらない、調子が出ない…。そんなことってありますよね。

実際に、わたし自身も今まさにそんな状態にぶち当たっています。もやもやした状態のまま日々を過ごすのはしんどいですよね。

「こんな時はどうすればいいのか?」「どう考え方を変えたらいいのか?」友人にヒントをもらいつつ考えてみました。

同じような状態に陥っている人はぜひ、抜け出せるよう一緒に考えてみましょう^^!

もやもやする時

顎に手を当てて考えている女性

誰にでももやもやしたり、落ち込んだり、気分が晴れないことってありますよね。理由はさまざまで、仕事や勉強、学校生活、会社での人間関係、家庭の問題いろんなものがあると思います。

理由がはっきりしている場合は、その問題にできることを考えて対処したらいいかもしれません。でも、その中でもなぜか理由は分からないけれど、もやもやする時もありますよね。

そういう時は自分の中にもやもやの原因があることが多いのではないかと思います。

もやもやした気持ち、晴れない気持ちでいるのは気分も上がらないし、気持ちのいいものではありません。誰だって、楽しい気持ち、明るい気持ち、前向きな気持ちで過ごしたいですよね。

でも、もやもやした気分の時は自分では気付いていなくても理由はあるはずで、もやもやはその合図なのだと思います。

わたしの場合

腕を組んで怒っている女の子

わたしの場合は、とっても贅沢な悩みだと思いますが、日々の中で刺激が少なく、夢中になれるものがないことがそのもやもやの原因になっています。

わたしは専業主婦で、夫は農家をしています。夫は家事にも育児にも協力的で、いつも積極的にやってくれるので何の不満もありません。そんな夫にはいつも感謝しています^^

わたしは独身時代、仕事をやりがいとしていたことで、今は息子と一緒に過ごせて楽しくて幸せですが、毎日が同じことの繰り返しで刺激が少なく、悶々としてしまいます。

家事と育児に加えて、ブログの更新などの副業をやっているうちに1日が終わっていきます。

そういう日々を過ごす中で、社会の中で他の人と働くことで自分の役割を得たり、必要とされたり、人と力を合わせて働くということがしたいなと思いました。

ただ、今は息子と一緒に過ごしたいと自分で選択したことであり、それ自体は後悔していません。今はこの時間を大切にしようと思っています。

また、子どもを預けるときが来てもも、仕事も自分の情熱が注げるやりたいことをしたいと思っています。

でも、それが実現するまで、子どもと過ごす時間を大切にしながらも何かもっとわくわくする、楽しくて時間を割いてでもやってしまうほどの夢中になれるものはないかなぁと探しています。

ピンチはチャンス

chanceの文字と積み木

「ピンチはチャンスかもしれないよ」と教えてくれたのは、そんなもやもやした気持ちを友人に話していた時のこと。

そう言われた時に「そうかもしれない…」と思いました。なぜか分からないけれどもやもやする時、それは何かしら自分の中で引っかかっている証拠です。

自分のもやもやの原因が何なのか探ってみて、見つかったならそれはチャンスかもしれません。でも、それが見つかっても何もせず、暗い気持ちになっているだけではもったいないです。

誰でももやもやした気持ちを引きずっていても楽しくありませんが、それをどう捉えるのかでピンチはピンチだけではなくなるのかもしれません。

ピンチの状態は、「今のままでいい」と思えない状態にあるということなので、それは何かを変えるチャンスなのかもしれない、とわたし自身も思うことができました。

視点を変えてみる

破った紙の下に見えた電球

嫌な気持ちである今がピンチだとするならば、その気持ちは今をピンチから変えるチャンスになります。

ネガティブな感情で終わらせずに、何かをプラスに変えるきっかけにできればそれはもうプラスです。そうやってマイナスに思える状態でも、視点を変えればポジティブに捉えることもできます。

何事も表裏一体なので、物事には表の部分と裏の部分があります。捉え方や比率が変わればどちらにも転ぶのです。それなら、物事のいい面と良くない面をいい面をプラスと捉えて、良くない面を改善点と捉えるといいですね。

絶対的な正解はなく、常に良くなる方へ柔軟に自分の考え方ややり方、状態を変えていこうと思える人には、課題は今をさらに良くするチャンスになります。

何ができる?

花を持っている手

自分の中のもやもやの原因を見つけて、それを変えるチャンスだと思えたら、あとは自分にできることを探してやってみるだけです。

その時に、大きな目標を立ててできないよりも、ハードルを低くして小さなことでも、どんなことでもいいので、今の自分にできることをやってみるといいと思います。

小さな一歩を踏み出すと、その次の一歩が出やすくなり、継続していきやすいからです。動かなければ0ですが、どんなに小さくても動けば1になります。

挑戦してみてできると嬉しくなって、達成感を感じたりもっと頑張りたいと思えると、またもう少し次にできることを考えて、やってみようという気になります。

わたしの場合は、今後やりたい仕事を実現するために、仲間とその構想を練ることであったり、子どもとどこかに出かけていつもと違うところで遊んでみたり。

常々、体を動かしたいと思っていて、大好きなテニスや卓球がしたいと思っています。農閑期に入った夫を誘って運動をしてみようと思っています。

また、いつでも運動をしに行けるわけでもないので、できれば家の中で隙間時間にできる、新たな趣味を見つけたいなぁとも思っています。

やってみたいと思っていたこと、興味が湧くもの、わくわくするものを探していきたいと思います。そうして、今できることに視点を向けるとその時点で気持ちがすでに前を向いています。

なので、人は失敗したり、煮詰まったり、もやもやする時こそ今をもっと楽しくしたり、より良くするチャンスなのかもしれません。

そういう時は、これは成長したり、乗り越えたり、新しい解決策を思いつく、変わるチャンスと捉えて、今の自分にできることを1つやってみましょう^^!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました