「今」に視点をおくことで過去や未来に囚われずに生きる

夕暮れの港を歩く人々 生き方

ひとりひとりにいろんな人生があります。そんな人生を誰でも楽しく、自分らしく生きたいと思います。

でも、何か心配なことがあったときや、過去の思い出を振り返ったときに、過去や未来への感情に囚われていませんか?

過去や未来に囚われていては大事な今を見失ってしまいます。今に集中することで、過去や未来から解放されて自由に生きることができます。

そこで、今を大切に生きるために必要な考え方について紹介していきたいと思います。

「たられば」は考えない

麦畑に寝転んでいる女性の足

人はそれぞれいろんな経験を経て今を生きています。過去に楽しいことや嬉しいこと、辛いことや苦しいことが誰にでもあったと思います。

また、未来に対しても叶えたい夢や希望が仕事や家庭、生き方などであるのではないかと思います。

そんな中で、人はしばしば過去の後悔や将来への不安に囚われてしまうことがあります。

「あのとき、こうしてたら良かったな」「こんな風になったらどうしよう」そんな悔いや心配ごとに囚われると、ネガティブな思考になってしまいます。

そんな風についつい考えてしまうことはわたしにもあります。望んでいた未来があったということですね。

でも、「もしもこうしてたら、ああしてれば今と違ったかもしれないのに」とたらればを考えても仕方ありません。

どれだけ願ってもそれが叶うことはないからです。過ぎてしまった過去は変えられません。でも、今からは自分の望む未来に向かっていくことはできます。

反対に、未来のことを不安に思ったり、心配しすぎても今行動しなければ何も得ることはできません。大事なことは今に集中することです。

今は過去の連続

たくさん連なった朱色の鳥居

今の自分は過去の自分の連続によってできています。未来は今の自分の連続によってできていて、すべて繋がっています。

だから、自分の「こうなりたいな」と望む未来に対して今自分がやっていることが繋がっていないような気がしても、遠回りしているとしても見えないところで必ず繋がっています。

これまでのどんな経験や感情も今の自分を形作る要素になっています。後悔するようなあの気持ちも、今の自分に繋がっています。

今の自分が「これで良かった」と思えるなら、過去の経験がそんな今の自分を作ってくれたということです。

もし、今の自分を肯定できなくても、今からどうしたいか考えて一歩踏み出すことで、未来の自分は変えていけます。

今ここ

布の上に寝転んでいる猫

過去や未来も大切ですが、一番大切なのは「今ここ」です。今は過去の連続で、今の連続が未来に繋がっている。すべて合わせて自分の人生です。

でも、常に生きているのは「今ここ」だけです。この記事を読み始めた頃のあなたはもう「過去」です。そうして、時間は止まることなく常に流れ続けています。

この一瞬一瞬も、どんどん過去になっていて、新しい今が訪れて、未来に向かって進んでいます。

どんなに時間が流れても生きているのは「今」だけで、どんどん未来に向かっているのに、進んでみれば自分がいるところはやはり常に「今」です。

未来を生きることはできません。今を生きて、過去になった未来を振り返って初めて、過去のことが「あのとき望んだ未来」として自分のものになります。

でも、それはもうすでに未来ではなく過去ですね。そんな風に過ぎてしまった過去も届かない未来も今考えても仕方のないことです。

今を変えることで、過去の自分が報われたり、未来の自分を変えることもできます。

なりたい自分になれるように、生きたい生き方ができるように、今ここから始めてみましょう^^

今できること

花の入った鞄を持って裸足で立っている女性

「今ここ」に生きてるんだということが分かったら、あとは今できることをするだけです。

でも、「よし、動き出そう」と思っても、ふと過去の後悔や未来の不安に囚われてしまうこともあるかもしれません。

そんな感情で頭がいっぱいになると、立ち止まって動き出せなくなってしまいます。そんなときは一度頭を今の感情から切り離して落ち着いてみましょう。

どんなに過去を悔やんでも、どんなに未来の心配をしても今も未来も変わりません。できることは「今、自分に何ができるかな」と考えること、そして行動してみることだけです。

それしか、変えられるものがありません。不安や後悔が頭の中に渦巻いてしまうこともあると思いますが、そんなときはいらない感情は手放して、「今」だけに集中してみましょう。

自分が生きている今。今できることは?

どんなに小さなことでもいいので、今自分にできることを一つしてみてください。そのひとつひとつの積み重ねには大きな意味があります。

「どうしよう」と立ち止まっているよりも、何倍も前に進んでいます。どうしたらいいかを考えられないくらい行き詰まっている人は、自分にとって話しやすい人に話してみてください。

人に話をすると、自分の気持ちを再発見できたり、客観視できたり、頭の中を整理できたりします。

また、人からの意見を聞いてみることもいいかもしれません。ただ、不安を煽るだけの意見や自分のことを責める意見に耳を貸す必要はありません。

自分の状況や気持ちを言葉にして、人からのプラスな言葉に勇気をもらって、今できることから始めてみましょう^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました