夏は野菜の消費に大忙し!食べても食べてもなくならない野菜たち

トマトや人参などのたくさんの野菜 暮らし

夏においしい夏野菜。でも、スーパーでは野菜の値段が高騰してあまり買えないこともありますよね。

そんな夏野菜を家庭菜園でたくさん採れるのは嬉しい!だけど、ありすぎても大変…!

この時期、毎年訪れる野菜の消費に追われる日々について書いていきたいと思います。

家庭菜園

土を耕すスコップ

わが家は、家の敷地内にあるビニールハウスで義父母が家庭菜園をやっています。

仕事も農家をしていますが、出荷用ではなく、自分たちが食べる分や人におすそ分けするために作っているものです。

ビニールハウスは40mくらいの長さがあって、そこにはたくさんの種類の野菜や果物が植えられています。

トマトにきゅうり、なす、人参、ピーマン、パプリカ、ズッキーニ、とうきび、ほうれん草、ししとう、大葉、パセリ、ビタミン菜などの色が鮮やかな野菜たち。

大根、カブ、キャベツ、白菜、レタス、ネギなどの淡色野菜、スイカ、メロン、いちごなどの果物まで!

夏野菜に加え果物もあり、作っている作物の種類だけでなく、収穫できる量も本当にたくさんあります。

おいしい夏野菜

シンクに置かれた野菜と果物

雪が溶けた頃、ビニールハウスの土を耕して、春に種をまきます。そして夏頃になると、野菜が一気に収穫期を迎え、たくさんの野菜が採れます。

スーパーで売っている野菜も安くないので、いろんな種類の野菜が家で採れて野菜を買わずに済むし、経済的にもとてもありがたいです。

なので、この時期は食卓にいろんな野菜が並びます。サラダや生の野菜に炒め物、煮物、和えものなどたくさん!

毎日、野菜がたくさん取れ、献立も冷蔵庫にある食材から決めるので、使いたい食材で検索して決められるので楽です^^

そんな夏野菜や果物を毎日おいしくいただいています。息子の離乳食にもたくさん野菜や果物も使うので、助かっています。

追いつかない!

たくさんの野菜と鍋と包丁

ただ、消費がなかなか追いつかない!特に、たくさん採れるのは、トマト、きゅうり、なす、パプリカ、大根、キャベツ、ししとうなど…。

トマトなどは食卓に並べておくと、ぱくぱくとつまむように食べることもできますが、料理で一度に使う野菜の量は意外とそんなに多くありません。

大根やキャベツ、パプリカなども料理に使ってもそんなに一気に減りません。きゅうりも毎日、スティック野菜にした上で、お漬物を作ったり、酢の物、和えものを作ったりしています。

せっかく作った野菜を余らせてダメにしてしまうのが嫌なので、とにかく作る!食べる!でも、「大分減ってきたな」と思ったら、また新たに収穫された野菜が追加されます^^;

せっかくの夏野菜なので、いろんなレパートリーの料理を作りたくてレシピを調べては挑戦する日々!

普段、あまり買わない野菜もあるので、作ったことのない料理や「これを入れてもおいしいんだ!」との発見もあります。

近所の人におすそ分けしたらいいのかもしれませんが、ここらへんは近所の人も大体農家です。なので、自分の家のビニールハウスで家庭菜園している人が多いです。

そのため、みんな野菜には困っていないのです。なので、農家でないわたしの知り合いや義母の仕事のお客さんなどに渡したりしています。

それでも余ってしまう野菜たち…。フードロスが問題になっている昨今。

もう少し、自分たちが食べ切れる、使い切れる量を作って、おいしく感謝して残さず食べる、そういう風にできたらいいなぁと思います^^;

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました