スマート農業ってなに?農業の概念が変わる。もっと農業を楽に、楽しく!

広い面積の黄金色の畑 農業

スマート農業という言葉を知っているでしょうか?農業という仕事は昔からありますが、そのやり方は時代の変化に合わせて進化してきています。

今回は、その進化したスマート農業について紹介します。

スマート農業ってなに?

iotを表すネットワーク

スマート農業とは、ロボットやAI、IoTなどの先端技術や情報通信技術(ICT)を活用して、人員の省力化やデータに基づく見える化、効率化することを目指した新しい農業です。

昔からある農業では、人手に頼る作業や長年農家をしてきた人の経験や技術に基づいてやっていましたが、人手不足や農家の高齢化などの問題が深刻になってきています。

機械化や自動化が進み、これからどんどん人に代わって機械で作業できるようになっていけば、農作業の省力化や軽労化、効率化が進み、人手が少なくてもできるようになります。

さらに、データ化されることによって、熟練農家の技術やデータを若い農家が継承することもできるようになります。

また、機械化が進むことで、初期費用は必要になりますが、農業の概念ややり方が変わってきて、新しく農家を目指す人も増えていくのではないかなと思います。

便利な技術

パソコンの画面でデジタルマーケティングをしている人

便利な機械や技術を導入するには初期費用がかかります。高額なものもありますが、効率が良く、生産性が高くなればそれだけ、その後の作物の生産が楽になり、収入が増えることも期待できます。

人の手で、多くの時間と手間をかける農業の概念が変わっていきます。そんなスマート農業の便利な技術について紹介していきたいと思います。

農業用ドローン

作物に薬剤を散布しているドローン

ドローンは農業用にも普及してきており、主な仕事は農薬の散布です。通常、農薬の散布はスプレイヤーと呼ばれる大型の農薬散布機を使ってやります。

長いアームを左右に伸ばして、そのアームに付けられた無数の穴から薬剤を噴射します。アームが長いので広範囲に散布することができますが、その分小回りがきかず、スピードもゆっくりで、畑が広いとそれだけ時間もかかります。

ドローンは、スプレイヤーよりも格段に小型で軽量化されています。その分、積める農薬の量の少ないですが、遠隔でコントローラーで操縦できることで小回りがきき、作業も簡単になります。

また、ドローンはスプレイヤーで散布する時よりも農薬の希釈が濃いので、少ない量を散布することにより農薬散布にかかる時間が格段に少なくなると言われています。

農業用ドローンを使うには、機種ごとのライセンスが必要になります。座学と実技で4〜6日間勉強と実践練習をし、ライセンスを取得します。

ドローンについては、今年からわが家でも導入予定なので、また実際に使ってみたところもレポートしたいと思います。

自動走行農機

GPSを利用して進むトラクター

畑をおこしたり、種をまいたり、いろんな作業に使えて便利なのがGPSを付けた自動走行農機です。

通常、人がトラクターに乗り、操縦しながら作業をしますが、GPSを付けてどのくらいの距離をどのくらいの幅で走行するのか設定すると自動で走行してくれるようになります。

畑の端まで行ったら、人の手で折り返す操縦をしなければいけないものもありますが、今ではそれも自動で検知してUターンし走行できるものもあります。

このGPSを使うことで、人手がいらなくなることはもちろん、種をまく時など真っ直ぐに植えることができるのも利点です。種が作物になるわけなので、その後もトラクターで作業をするとき、真っ直ぐに作物が植っていることが大事です。

人の手でやっていると、真っ直ぐに走行しているつもりでも、若干のズレが生じたりします。なので、わが家でもGPSを使ったトラクターを活用してやっています。

ビニールハウスの自動温度調節

隙間をあけて風を入れているビニールハウス

以前、玉ねぎの栽培方法を紹介する記事でも書きましたが、作物の種を発芽させるのにビニールハウスを使ったり、ビニールハウスの中で育てる作物もあります。

その際、作物が育つのに適正な温度があり、その温度より高すぎたり低すぎたりすると、発芽しにくかったり、育ちにくくなってしまいます。

なので、ハウス栽培では遠隔で見ることができる温度計を設置し、常に温度をチェックして適正な温度から外れそうになったら温度調節をしなければいけません。

ハウスに張られているビニールの一部を開閉することにより、風を入れて温度を調節するのです。それを、手動であればハウスまで行って手でハンドルを回し、ビニールを巻き上げたり、下げたりする必要があります。

そこで便利なのが、自動温度調節機能です。設定しておいた温度からズレると、自動でビニールの巻き上げ、下げをしてくれて温度調節をします。

これがあれば、常に温度計をチェックして、1日に何度もハウスに行ってビニールの巻き上げ、下げをする必要はなくなります。

自動化が進むことによって、人による労力がいらなくなるだけでなく、その浮いた分の時間を他の作業に使うことができます。同時進行で複数の作業ができることになるので、2倍の作業効率ですね。

この機能があればとても便利でいいと思うのですが、わが家はハウス栽培をするのは玉ねぎの発芽だけなので、年に2ヶ月ほどしか使いません。なので、導入していませんが、それでもその数ヶ月の手間がなくなり、効率がよくなることを考えると悩みどころです…。

さいごに

遠くまで広がる広大な土地

スマート農業が進んでいくと、たくさんんのメリットがあると思います。すでに農業をやっている人にとってもやりやすくなり、今後農家を目指そうと思う人にとっても魅力的な職業になるのではないでしょうか?

やはり、自然の中での作業は気持ちいいですし、個人でやれば自分のペースで仕事ができます。一人で一から農家を始めるのが難しい場合は、会社として農家をして人を雇っているところもあるので、そこで技術を教えてもらうこともできます。

作物の収量や価格が気候などの自然に左右されてしまうといったリスクはありますが、それも違う作物を複数作ったり、副業をしたりして、リスクを分散するといいと思います。

スマート農業の技術を活用して、作業を楽に効率的にしつつ、空いた時間を有効に使えると、自分の時間や家族との時間にも使うことができますね。これからも、新しい農業の進化を楽しみながら実践していきたいと思います^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ 次回は、玉ねぎのハウス管理について紹介します。ぜひ読んでもらえると嬉しいです♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました