子どもの熱が下がらない、鼻水に咳が苦しそう。RSウィルスってなに?

高熱が出て寝ている子ども 子育て

普通の風邪だと思っているけど、子どもの熱がなかなか下がらない、鼻水やくしゃみ、ゼーゼーいう咳がしんどそう…。

こんなことありませんか?こういう場合、症状は普通の風邪と同じでももしかしたら風邪ではないのかもしれません。

「RSウィルスってどんなもの?」「こういう時ってどうする?」ということを実体験とともに紹介していきたいと思います。

RSウィルスとは?

ウィルスのイラスト

RSウィルスとは、RSウィルスの感染による呼吸器の感染症です。生後1歳までに約半数が、2歳までにほぼ100%の子どもが感染するという身近な病気です。

感染力が強く、保育所や幼稚園など集団で子どもが関わる場合、他の子どもから移ってしまう可能性が高いです。

また、1度かかれば免疫ができ、もうかからなくなる病気ではなく、何度も感染と発病を繰り返します。

症状は、発熱や鼻水、咳などがあり、特に咳がひどくなるのが特徴です。夜になると、さらに悪化して眠りづらくなってしまう子も多いと思います。

軽症で改善する場合が多いですが、この咳の症状が悪化すると、気管支炎や肺炎となってしまうこともあります。

潜伏期間は、2〜8日で大人がかかることもあるので、普通の風邪だと思っても、咳がひどい場合はRSウィルスの可能性があります。

周囲に子どもがいる場合は、できるだけ接触を避け、早めに受診して症状の原因を突き止めることで周りに感染を広げないようにしましょう。

わが家でも

布団の上で横になって寝ている赤ちゃん

発熱

わが家では、1歳7ヶ月になる息子がある日、突然熱を出しました。普段は家で過ごしている息子ですが、その日は農家である家の手伝いで子ども園に一時預かりをしてもらう日でした。

そこから数日〜数週間ほど農家の手伝いをするはずでしたが、その初日、預けて数時間で子ども園から「熱があります」とお迎えコールがあり、帰宅したのでした^^;

熱が38度台後半、その後39度まで上がりましたが、帰ってきてみると食欲と活気はあって、熱はあるものの元気そうにしていました。

その後、徐々に鼻が詰まって垂れるようになり、咳をコンコンと出すようになりました。だんだん痰の絡んだような咳をするようになり、痰が自分で切れない息子は苦しそうに咳をしていました。

とはいえ、相変わらず元気と食欲はあり、普通の風邪だと思っていたので家で様子を見ていました。

しかし、2日、3日経っても熱が下がらず、4日目になっても38度台の熱が続いていました。鼻水もダラダラで拭いても拭いても出てきます。まだ小さいので鼻をかむこともできません。

夜は寝付くことはできますが、夜中に寝苦しそうに咳をし、何度か泣いて起きていました。

抱っこをしてトントンしているとまた寝ることもできましたが、息子は指を吸いながら寝るので、鼻水が詰まった状態ではうまく息ができずなかなか寝付けずにいました。

それなら「指を吸うのをやめよう」と考えることもまだできないので、しばらくぐずぐず言っていましたが、縦抱っこをしていることで鼻も通ってきたのか、すやすやと眠りだしました。

病院へ

熱を出してから4日目にさすがに熱が続いているのと、咳と鼻水が苦しそうなので、病院へ連れて行くことにしました。

熱が出る数日前、別件で病院へ行くと咳をしているお子さんがいて、「これは移りそうな予感…」と思ったので、できるだけ離れた場所に座っていましたが、おそらくこの時に移ったのだと思います。

なので、今度は息子が他の人に移したら申し訳ないと思ったので、それを病院側に伝え、待っている間、他の患者さんとは別の待合室で待たせてもらいました。

診察してもらうと、RSウィルス陽性とのこと。気管を広げる薬や喘息の時に使われる薬、鼻水を詰まりにくくする薬などを処方してもらいました。

イオン料水

薬局に寄ってお薬を受け取った後、水分をあまり取りたがらない息子のために子ども用のイオン料水を購入。脱水症状になるのを防ぐため、少しでも水分をとってもらおうと何本か買いだめをしました。

普段、わが家では息子もわたしたちも水を飲んでいるのですが、買ったイオン料水も色が透明なため、水だと思っているのか息子は飲もうとせず^^;

味があると分かれば飲むようになると思ったので、スプーンですくって口の中へ!

すると「ん?」と表情が変わり、2口目からは自分で口を開けるようになりました。甘くておいしいのがわかったようです。

しかし、コップを渡すとイヤイヤと首を横に振り、飲もうとしません。スプーンですくうとちょびちょび飲み出します。

え、こうしないと飲まないの?息子よ、それは面倒くさいよ…(笑)

と思いましたが、何度トライしてみてもコップでは飲まず。今は水分をとってくれることの方が大事なので、ちょびちょびスプーンであげ続けます…^^;

回復の兆し

病院へ行ってその日から薬を飲み始め、夜には熱が37度台に下がっていました。熱さましの坐薬を使ったわけではないので、タイミングの問題かもしれませんが良くなってきました。

翌日も熱は37度前半まで下がり、表情や動きを見ていても、普段の調子が出てきたようです。

夜中は泣いて起きることが2回ありましたが、朝起きてからは鼻水が垂れることはなくなり、くしゃみも出ず、咳も全然しなくなりました。

薬を飲み始めてまだ2日目なのにすごい効果…!ということで、徐々に回復してきているので、この調子だと近々完治できそうです。

完治したら、子ども園へ行って、農家の仕事の手伝いを再開したいなと思います。何はともあれ、原因が判明して、ようやく熱も下がり、症状も和らいできたのでよかったです^^

自己判断しない

泣いている赤ちゃんの熱を確認している女性

わたしは最初、「ただの風邪なら病院へ行っても解熱剤と抗生物質を出されるくらいかな」と思い、元気なら家で良くなるまでゆっくりしておけばいいと思っていました。

しかし、熱が長引いたことでただの風邪じゃないかもしれないと思って病院へ行き、RSウィルスだということがわかりました。

以前、勤めていた子どもの施設で、風邪だと診断された子どもがなかなか回復せず、別の病院を受診したところ、肺炎になりかかっているということでそのまま入院するということがありました。

今回も、ただの風邪だと思ってずっと家にいるだけでは、その内、悪化して気管支炎や肺炎になっていた可能性もあったかもしれません。

あまり心配しすぎ、気にしすぎも良くないかもしれませんが、改めて、自己判断はこわいなと思いました。

初めての子育てで、分からないことが多い中、専門家でもないので子どもの体の不良もちゃんとどういう状態なのか分からなくても当たり前です。

問題ないと分かればそれでいいし、何かあったときには専門家に診てもらうこと、正しい判断をしてもらうことが子どもを守ることに繋がるんだなと学習しました。

息子の便秘のときもこう学習したはずなのに、また同じことを言っています^^; でも、こうして学んでいくんですね。

これからも神経質にはならず、子どもの様子はちゃんと見ながらも、元気に自由にのびのびと育てていきたいと思います^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました