音楽に支えられてきた人生。音楽に秘められた力、音楽の魅力とは?

林の中で木漏れ日を浴びているギター 暮らし

音楽は昔から老若男女、時代や世代も超えてたくさんの人が楽しんできたものです。音楽にはたくさんの種類やジャンルがあり、現代でもさまざまな人に楽しまれています。

流行もあり、時代の流れによって音楽の表現の仕方も変わってきましたが、いつの時代になっても音楽を表現をする人とそれを愛する人たちがいます。

音楽をこよなく愛するわたしは、音楽にたくさんのものをもらってきました。これまでの人生の辛い時には必ずそばにあった音楽。

そんな音楽の持つ人を癒す力、人を惹きつける魅力について語っていきたいと思います^^

音楽に支えられた日々

ヘッドホンをつけて目を閉じている女の子

わたしは、初めての仕事で子どもの施設に就職しました。やりたかった仕事で、学生の時にも施設のボランティアやアルバイトをやっていて、自分にとってドキドキとワクワクしたスタートでした。

仕事が大変なのはきっとどの仕事もそうで、楽な仕事、甘い仕事なんてないのだと思います。しかし、仕事が大変でも一緒に働く仲間との関係が良好だと頑張れたりしますよね。

わたしは職場で子どもたちとの関わりや関係、そして何より職員との関係にたくさん悩みました。

毎日残業して帰る時、泣きながら帰ったこともありました。出勤する時、気が重くて「行きたくない…」と思ったことも数知れず。

それでも、辛かった時、苦しかった時、悲しかった時、いつもそばには音楽がありました。

わたしは愛車に乗って出勤していましたが、その車の中で好きな音楽をかけて歌いながら出勤、退勤するのが好きでした。

落ち込んでいる時や元気がない時、挫けそうな時、いつも流れてくる音楽に支えられていました。音楽があったから、あの辛い時期を何とか乗り越えられたのだと思います。

家族や同僚、友達などたくさんの人にも支えてもらいましたが、音楽がくれた力は計り知れません。

音楽がくれる力

たくさんの花で形作った音符

音楽にはものすごいパワーがあると常々思っています。ただ単に楽しい気持ちにさせてくれるだけじゃなく、その時の自分の心情によっていろんなことを伝えてくれます。

好きな音楽を聴いていると心が満たされたり、頑張りたい時はモチベーションを上げてくれます。

辛い時や苦しい時には心を包んで、癒して、励まして、寄り添ってくれて、落ち込んだ時には心を落ち着けて、元気をくれて、前向きにしてくれます。

臆病になってしまった時は、勇気をくれて、心を奮わせてくれる。そして、優しくて、あたたかい気持ちにもしてくれます。

わたしにとって音楽とはそんな存在です。いつもそばにあって語りかけてくれるような、寄り添ってくれるような存在。

そんな風に人にいろんなパワーを与えてくれる力があると思っています。音楽に支えられた人は世界にもたくさんいるのだと思います。

だからこそ、音楽がこんなにもみんなに愛されて必要とされているのだと思います。わたしは、音楽のある人生が自分の人生だなと感じています。

時には歌詞が時にはメロディーが心に響いて、その聞こえ方や感じ方、響き方は聞く時の心の状態によって変わったりします。

何とも思わず聞き流していた歌詞が突然、心の中に入ってきて自分の状態と重なってこれまでとは違うように聞こえたり、それもまた音楽の不思議な魅力ですね。

ラジオの魅力

机に置かれたラジオとマイク

わたしは、働きだしてからラジオを聴くようになって好きになりました。

自分の好きな曲がオーディオから流れるのもとってもテンションが上がるし、楽しいのですがラジオにはまた違った魅力があります。

ラジオでは、当たり前ですがどんな曲が流れるか分かりません。新旧洋邦問わずいろんな曲が流れます。

自分が知らなかった曲との出会いがあったり、懐かしい曲があったり、自分ではチョイスすることのないような曲も流れます。

それがまた良くて、ずっと聴いていると好きなDJさんや番組もできて、DJさんのトークを聞いたり、他のリスナーさんの存在も感じられて楽しいのです。

一人で落ち込んでいる職場の帰り道でも聴いていると誰かとこの同じ時間を共有しているような、繋がってるような気がしました。

ただ好きな音楽にずっと浸る時間もすごく好きだし、ラジオでいろんな音楽に包まれながらDJさんや他のリスナーさんと一緒に楽しめるラジオも大好きです。

わたしが好きなラジオの聴き方は、一人で車を運転している時や仕事をしながら聴く聞き方です。それだけで、運転や仕事自体が楽しくなってしまいます。

農家の仕事をお手伝いしている時もラジオを聴きながら作業をしていて、ご機嫌に仕事をしています^^ ラジオは何かをしながら聴くのがオススメです♪

フェスの魅力

ライブに来ている観客

家や車で音楽を聴くのも、ラジオを聴くのも大好きですが、その中でも群を抜いて一番好きな音楽の楽しみ方はフェスに行くこと。

最近は感染症の影響があったり、そうでなくても結婚、出産をして子どもが小さいこともあり、自由に好きなフェスに行くということもできなくなりました。

でも、いつか子どもも連れて家族みんなでフェスの音楽を楽しんでみたいなと夢見ています。

フェスの魅力は会場の雰囲気から既にもうあります。とんでもなくテンションが上がるあの高揚感、アーティストや他のお客さんや楽曲たちとの一体感。

音楽に包まれる瞬間がたまらなく好きです。この瞬間は他の何にも変えがたい、一番好きな瞬間です。

「この時間のためなら、仕事も頑張れる!」と思ってやっていました。自然と体が揺れ、踊り出してしまう、元気に、楽しくなってしまう力がライブやフェスにはあります。

好きなアーティストのワンマンライブももちろん良いですが、フェスだと何十組といろんなアーティストの曲を聞くことができます。

その中では、知らないアーティストとの出会いもあります。芝生にレジャーシートを敷いて、ごろんと横になって青空を見ながら聴く音楽はとっても贅沢です。

ご飯を食べながら、お酒を飲みながら、横になりながら、踊りながら、目を閉じながら、フェスではいろんな楽しみ方ができます。

こんなフェスが大好きで、またもう一度、いや何度でも大好きな人たちと一緒に行ける日を楽しみに待っていたいと思います^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました