玉ねぎの選別・出荷工場はどんなところ?見学したものをレポート!

手を横にあげている女の子 農業

農家で作った野菜などの作物はどのようにしてスーパーに並んだり、みなさんの食卓に並んでいるのでしょうか?

ここでは、農家が出荷した野菜がどこに集められてどんな作業をしているのかについて、玉ねぎバージョンで紹介したいと思います^^

玉ねぎを集荷

積み上げられた玉ねぎのコンテナ

玉ねぎを作っている農家は2月のまだ寒い時期にビニールハウスに種をまき、苗を育てます。苗が育った4月頃、畑に植え付け、大事に育て大きくした後、夏〜秋にかけて収穫します。

その後、選別といって玉ねぎのサイズや腐れ、変形などを人の手を使ってチェックします。

その後、選別できた玉ねぎのコンテナを積み上げ、集荷されるのを待ちます。業者によって集荷された玉ねぎは玉ねぎの工場へ運ばれます。

玉ねぎの工場

玉ねぎのコンテナが積まれた倉庫

その工場ではどんな作業がされているのでしょうか?今回、わが家で作った玉ねぎの選別作業を見学させてもらったので、その一部を紹介したいと思います^^

工場内部

工場の内部

工場内部はこんなふうになっています。広くて、たくさんの機械が所狭しと並んでいます。これらを、たくさんの玉ねぎや玉ねぎの入った段ボールが流れていきます。

玉ねぎの旅

コンベアの上を流れてくる玉ねぎ

農家から集められた玉ねぎがコンベアに乗せられてこれから選別の旅に出かけます。

一列に流れる玉ねぎ

機械でサイズを選別

専用の機械の上で運ばれる玉ねぎ

専用の機械を通る玉ねぎたち。ここでは、センサーが自動でサイズ分けをしてくれます。小さい玉ねぎやL大の玉ねぎなど、サイズごとに出荷するためにここで振り分けます。

玉ねぎの大きさに応じて、玉ねぎが乗っている黒い部分が下にガタンと下がり、玉ねぎが決められたサイズのところに落ちる仕組みです。

こうして、玉ねぎの大きさ別に機械によって選別されているのですね。めちゃくちゃ画期的で速い!便利な機械です。

人の手で細かく選別

機械の上を流れる玉ねぎと女性たち

機械だけでなく、人の手でも選別をします。農家でも選別は行っていますが、奥に見える女性たちの手によってさらに細かく選別されます。

傷や腐れ、変形などがなく、出荷できるものか最終チェックをします。

機械に乗って流れる玉ねぎ

コンベアの上を移動する玉ねぎ

選別された玉ねぎは機械に乗って流れていきます。小さいけれどきれいなものは、加工用の玉ねぎとしてまた別の場所に出荷されます。

自動で箱詰め

箱詰めされた玉ねぎ

その後、玉ねぎは自動で箱詰めされていきます。箱詰めされた後、詰められた玉ねぎが平らになるよう、コンベアで流れながら細かい振動を受け、そこで平らにならしていきます。

コンベアの上を流れていく箱詰めされた玉ねぎ

梱包

機械で蓋を閉められる段ボール

そして、さらに流れる玉ねぎの段ボール。蓋を閉めるのも自動で、機械によって行われています。すごい!

移動、積み上げ

機械のアームに掴まれて移動する段ボール

箱詰めが終わった段ボールは工場内の別の部屋へ移動され、大きなアームの機械が段ボールを挟んで持ち上げ、段ボールを積み上げていきます。

このアームが大きくて、動作も速くてすごい迫力!近代的な印象を受けました。

出荷、そしてみんなの元へ

積み上げられた段ボール

こうして積み上げられた段ボールは、パレットと呼ばれる専用の台の上に乗せられていて、それをフォークリフトで運んでいきます。

こうしていよいよ全国各地に出荷されていきます。玉ねぎたちよ、いってらっしゃい!

工場でこうした作業をして下さっている方たちのおかげで、農家で愛情と手間ひまかけて育てた野菜が無事に出荷され、スーパーやみなさんの元へ届きます。働いてくださっている方たちみんなに感謝です^^

バケツと木箱に入った玉ねぎ

こうした経過をたどって、野菜は出荷されていくのですね。今回は農家から巣立った玉ねぎたちの冒険を紹介しました!

スーパーで手に取る野菜一つひとつにそうした冒険や物語があって、いろんな人の手がかけられています。そんなことをふと思いながら食べてもらえたら幸いです^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました