ものがない方が快適?!生活の中でなくしてよかったもの6選!

ベッドだけが置いてある大きな部屋 考え方

普段の生活や家の中にある、当たり前だと思っていたものをなくしてみたら快適だった!そんなものを紹介していこうと思います。

水切りカゴ

蛇口から水が出ているキッチンのシンク

まずは、キッチンの水切りカゴです。洗い物をした後に置いておくと水が切れて便利ですよね。ただ、家庭によってシンクの大きさは違いと思いますが、いずれにせよ結構な割合を水切りカゴが占めていると思います。

それでも便利なので使っていましたが、水切りカゴを外してみると、シンクがめちゃくちゃ広くなりました!これが普段の料理をするときや洗い物をするときも広々使えてすごくいいです。

肝心の洗い物ですが、シンクの横にお盆か何かを置いて、そこに食器を裏向けて置き、すぐに拭いて片付けてしまえば、ジャマになることもありません。

お盆の他に布巾を敷いてもいいと思います。キッチンの台に直接置いてしまってもいいですね。わが家は夫が洗い、わたしがすぐに拭くのでキッチンに直接置いています。最後はキッチンの台を拭けばOKなので簡単です^^

排水口のふた

水が流れている排水口

次にキッチンとお風呂の排水口のふたです。排水口のふたがあることで、パッと見てキッチンやお風呂がきれいに見えると思います。

ただ、ふたがあって中が見えないことで排水口の中をたまに見るとすごく汚れていることはありませんか?

普段見えないから掃除を忘れがちになったり、そもそも掃除が面倒くさかったり、汚れているからなおさら掃除したくなくなったり…していませんか?

これを、排水口のふたを外すことでいつもきれいに保つことができます。普段から中が見えているので、溜まったゴミをそのままにせず捨てる習慣がつきます。

その都度、もしくは1日に1回など捨てる習慣がつけば、きれいな見た目を保つことができます。また、ゴミを捨てる時についでにちょこっと掃除もしてしまえば、汚れること自体が少なくなります。

そうなると、こまめにゴミを捨てたり、軽く洗うだけで見た目も中もきれいに保てるので、触りたくないほど汚れていて掃除したくなくなったりすることがなくなります。

あえて、中を見せることできれいに保とうという心理が働くということですね。

保険

パソコンの画面を見て電卓で計算をしている人

そして保険です。ほとんどの人が加入している民間保険にはいろんな種類がありますが、本当に必要な保険というのはごく一部です。詳しくはこちらの記事で解説しています。

たくさんの人が、将来や万が一の不安に備えて多くの保険に入っています。保険に入ることで安心を買っているということですね。

でも、あらゆる心配や不安を全て網羅することはできないし、キリがありません。それに、保険に入ったからといって病気や事故が予防できるわけでもありません。

全てのリスクを回避しようとするのではなく、適正なリスクを取り、本当に備えるべき部分にのみ保険をかけることが重要です。あとは現金をしっかり貯蓄したり、お金を増やすことですね。

そして、健康面では生活習慣を整えたり、運動をして体力や筋力を衰えないようにする工夫や努力が必要です。

脱線しましたが、そうして当たり前に入っていた積立定期預金や医療保険など不必要だと思うものを解約することで、月々の負担額がグッと減りました。

浮いた分、貯蓄に回すことができるし、将来や万が一に備えて本当に必要だと思うことに充てることができます。

シャンプー&リンス

床に置かれたシャンプーとココナッツと花びら

シャンプーやリンスも子どもの頃から当たり前の習慣としてやってきている人がほとんどですよね。シャンプーやリンスは髪の毛をサラサラにしてくれるし、いい香りもするものですが、その分、界面活性剤などの強い成分が多く含まれています。

シャンプーの成分は強いので、頭皮の必要な脂まで洗い流してしまうといいます。すると頭皮が乾燥してしまうので、それを補おうとして油分を過剰に分泌します。そしてまたそれを洗い流す…という繰り返しになります。

そこで、シャンプーやリンスをやめて、水やぬるま湯、お湯などで洗髪をするという方法があります。有名人の中でもやっている人がいますね。

シャンプーをして脂を洗い流す、その分また油分を分泌するという習慣がついているので、シャンプーをやめると、これまで通りに分泌される油分で最初は髪がベタついたりすることがあります。

でもシャンプーをやめる生活を続けていくと、次第に油分の分泌も落ち着いてきます。シャンプーやリンスをしないと髪の毛がバサバサになったりギシギシしたりすると思っていましたが、それは習慣によるものでした。

最初はギシギシしていても続けていくと、シャンプーやリンスをしなくてもバサバサもギシギシもしなくなりました。

要は、シャンプーやリンスで油分を洗い流しすぎたりサラサラ、ツヤツヤ、きれいにしすぎることで、シャンプーやリンスがないとその状態を保てなくなってしまうということです。

そもそもそれがない生活をすると、油分が洗い流されすぎたり、また分泌されすぎたり、それがないときれいに保てないという状態がなくなります。

そうして気づいたことは、「シャンプーやリンスをやめるなんて!!」と思っていましたが、「ないならないで大丈夫なんだな」ということです。

リンスをしなくても髪の毛がサラサラに保てるなんて自分でもびっくりしました。そして、経済的にもシャンプーやリンスを買い続ける必要がなくなりお金が浮くし、お風呂場にシャンプーやリンスを置くスペースもいらなくなり、スッキリします。

旅行などのときも準備するものが減り、身軽に出かけることができますよ^^

化粧・洗顔・化粧水

口紅を塗る女性

また、これは専業主婦で外に働きに出ていないからできることかもしれませんが化粧をしなくなりました。

最低限、出かけるときは眉だけ描きますがそれ以外はすっぴんのままです。これまでしていた施設の仕事でもすっぴんだったので、これにはあまり抵抗はありませんでした。

以前は出かけるときには化粧をしていましたが、もともと化粧が薄かったので化粧をしてもしなくてもそんなに変わりませんでした(笑)自分以外の人はそんなに自分のことを気にしているわけでもないし、夫の勧めもあったのでやめることにしました。

そうすると、化粧を落とすためのクレンジングや洗顔も必要なくなりました。顔を洗うことは必要だとしても、お湯で優しく洗うだけで十分です。

そうなると、洗顔後の顔のつっぱりというものもなくなるので、化粧水をつける必要もなくなりました。

化粧をやめることで、クレンジングや洗顔、化粧水までいらなくなってしまうのです。毎日のルーティンが減ることで時間の短縮になったり、その時間を他のものに使うことができます。

また、物も減り部屋がスッキリしますよ。シャンプーやリンスと同じく、旅行の際の荷物も減ります^^

長い髪の毛

サングラスをかけて髪の毛を持っているロングヘアーの女性

わたしはこれまで髪の毛を胸の高さくらいまでしか伸ばしたことはありませんが、髪が長いとシャンプーやドライヤー、髪を束ねたりしますよね。

人と寝ているときに髪の毛を踏ん付けられて「痛い!」なんていうのもあるあるだと思います(笑)

そこで、思い切ってショートボブにしてみると頭が軽くなって楽ちんになりました。ただ、赤ちゃんが産まれて抱っこをしていると手を伸ばした赤ちゃんに髪の毛を引っ張られる…。

痛いし、やめてほしいし、でも目の前あるゆらゆら動く髪の毛に赤ちゃんは興味津々です。そこで、思い切って夫が家で散髪をするときに一緒に坊主にしてみました!人生初坊主はめちゃくちゃ新鮮でした(笑)

でも、頭を洗うにしても拭くにしても、普段の生活でも髪を耳にかけて落ちてくるなんてこともないし、束ねる必要もなくてめちゃくちゃ楽です(笑)

坊主は極端にしても、イメチェンをしたり、髪の毛にかける手間と時間の短縮に短くするのもおすすめです♪

ということで、なくしてよかったものを6つ紹介しました。坊主にした経緯ややってみてどうだったのかは、また別の記事で書こうと思います^^

ちょっとの工夫で、今より快適な暮らしができるかもしれません。自分の生活に合った変化を取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!また次回、お会いしましょう^^♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました