ハンドメイドのミニチュアフードが売れ始めた!今後の課題は?

机の上に置かれた筆や塗料 ミニチュアフード

息子が1歳とまだ小さいため家で一緒に過ごしながら、自宅でできることとして、ブログの更新やハンドメイドの製作や販売を行っています。

ハンドメイド作品が少しずつ売れ始めて嬉しい一方、いくつかの課題も見えてきました。今後、考えていくべきことをまとめてみます。

ミニチュアフード

ミニチュアのお寿司

細かい作業が好きで、子どものころに母とやっていたミニチュアフード作り。大人になって再開してみたところ、最初に作ったものがすぐに売れ、大喜び!

しかし、そこからなかなか売れない期間が続き、たまに注文が入るという状態でした。ミニチュアフード作りを初めて約1年。

最近、なぜか売れ行きが良くなってきました。とは言っても、これまでが1つも売れない月があったりしたので、今がめちゃくちゃ売れているというわけではありません。

でも、これまでが月に数百円にしかならなかったことに比べて、今月は売り上げが3000円を超えました!わたしとしてはこれまでの売れ行きを考えると、今は注文が殺到している状態です。(言い過ぎかな?笑)

自分の作った作品を「いいな」と思ってくれる人や、それにお金を出して買ってくれる人がいること。

「かわいい!」「気に入りました♪」などのメッセージが届いたり、自分の作ったものを喜んでくれる人がいることが嬉しく、本当にありがたいなぁとしみじみと感じています。

時間の確保

めざまし時計と白いカップ

たくさん買ってもらえることは嬉しい限りなのですが、困ったことに時間が足りない…。うれしい悲鳴です。

今は外で働いていないものの、家事と1歳になる息子の子育て、ブログの毎日更新、ミニチュアフードの製作、犬の散歩…etc。

すべてを毎日やろうと思うと時間が足りません。日中はなかなかまとまって時間が取れないので、夜早く寝て、朝早く起きて朝活をするようにしています。

3時〜4時に起きてやっていますが、それでも時間が足りない^^;

ミニチュアは注文を受けてから製作しているので、注文が入ると忙しくなります。それを解消するために今は少しずつストックを作っているところです。

注文を受けてから1週間以内に発送できるようにしていて、一定の時間はあるのですが、隙間時間にちょこちょこと作業をしていたり、何度か作り直したり、乾かす時間が必要だったりするので完成までに時間がかかってしまいます。

さらに、丁寧に作りつつも、できるだけ早くお届けしたいという気持ちもあるので、注文を受けてから発送するまでの期間はバタバタしてしまいます^^;

やらないことを作る

ソファで気持ち良さそうに寝ているネコ

そうしてミニチュアの製作をしつつも、他の家事や子育て、ブログなどもいつも通りこなそうと思うといっぱいいっぱいになってしまうこともあります。

それを見かねた夫から「忙しいんだから、やらないことを作るんだよ」と言われました。

やることが増えているのに、これまでと同じ量を同じ熱量で完璧にやろうとすると、当たり前ですが時間がかかります。

ただでさえ、1日の時間をめいいっぱい使って時間がギリギリだったのに、そこで新たにやることをどんどん増やしていってしまうとパンクしてしまいます^^;

新しくやることが増えたら、その分、他の家事ややることの中で、やらないことを作る、または手を抜いて時短にすることをすすめられました。

「忙しいときは簡単な食事にしていいし、たまには買ってくるのもいいと思うよ」と言ってくれました。優しい夫に感謝です。

完璧主義であれもこれもと理想通りにがんばってしまうタチなので、それによって自分で自分を追い込んでしまうときがあります^^;

自分のためにも、家族のためにも変えていかなければなりませんね!やることの優先順位をつけて、その中で手を抜ける部分を見つけていきたいと思います。

値段設定

お札を持っているクマのぬいぐるみ

ハンドメイドの制作&販売をしていることや、ミニチュアフードの手作り体験教室も開いてみたいと思っていることを友人に話したところ、値段設定についてあることを言われました。

「材料費や人件費、準備をするのに時間がかかっているんだから、遠慮せずにちゃんとそれに見合った料金設定をしなきゃダメだよ」ということでした。

自分で作ったものを売るということが初めてだったので、なかなか高い値段を付けにくく、相場を調べて「何となくこのくらいかな…」という感じで決めていました。

でもいろんな人の作品を見ていて、値段が多少高くてもちゃんと買ってくれる人はいるんだなということが分かりました。

それはきっと、しっかりとしたものを作って、見た人が「買いたい!」と思うような素敵な写真を撮って、クオリティを高いものにしているからなんですね。

無闇に値段を上げることはしなくても、かかっている材料費や自分のかけた時間などを総合してちゃんと適切な値段設定をしていかなきゃいけないなぁ、と思い直しました。

時間は有限なので、自分の時間もタダじゃありません。大事な時間を使っているので、そのバランスも考えて料金についても考えていきたいと思います。

写真の撮り方

カメラを構えている女性

何か売り物があったとき、人は見た目を重視すると思います。機能や使い勝手ももちろん大事ですが、視覚的に見て気に入るかも重要ですよね。

特に家電などではなく、こういったハンドメイド作品の場合は、見た目の印象で買うかどうか決まることも少なくないと思います。

友人が手作りしている和菓子の練り切りの写真を見たとき、とても綺麗で写真が何だかキラキラしていると思いました。

画面も明るく、かわいいお皿やいろんな小物もさりげなく背景やフレームに入っていてオシャレ!

見た人に良い印象を持ってもらったり、「ほしい!」と思ってもらうためには、第一印象のインパクトとなる写真ってめちゃくちゃ重要なんだなと、改めて思いました。

せっかくがんばって作ったハンドメイド作品。でも苦手なのか、オシャレに見えるようにこだわって写真を撮るまでの気力が湧かず…。

それでも自分なりにきれいに撮っていたつもりでしたが、甘かったですね(笑)

自分の作った作品を最大限活かすためにも、もうちょっと勉強して写真を撮り直していこうと思います!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました