子どもに習いごとってさせるべき?子どもにとって本当に大切なことは?

ピアノを弾いている子どもの手 教育

子どもには習いごとをさせるべき?それともさせなくてもいい?あなたはどちらでしょうか?

習いごとをする・しないは家庭それぞれに考え方があると思いますが、「子どもにとって何が大切なのか?」ということを考えていきたいと思います。

習いごと

ストレッチをする男の子

子どもの習いごとは何があるでしょうか?ピアノや水泳、サッカー、バレー、そろばん、塾など…たくさんありますね。

中には、年齢の小さいうちから習いごとをしていたり、いくつもかけもちをしている子もいます。

また、最近では小学校から英語を学習することになったことで、遅れを取らないようにと小学校入学までに英語を習わせる家庭もあるようです。

他にも、プログラミングなどのこれまでは一部の専門分野を学ぶ人がやるものだと思われていたようなものが人気が出ているようです。

習いごとのメリット

子どもたちにバスケットを教えている男性

習いごとをすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

習いごとをする経緯として、親が子どもに提案したり誘ってやるようになる場合と、子ども自らやりたいと言って始める場合があります。

いずれにしても、それぞれの分野のプロがその楽しさを教えたり、技術や能力を向上するように教えてくれます。

何か一つのことに対して一生懸命に取り組むことや、失敗や成功、時には挫折を経験する中で、それを乗り越えたり成長することができるのも大きなメリットですね。

そして、子どもにいろんな経験をさせることによって、好きなこと、興味のあることを発見したり、それを学ぶ中で、将来の夢ややりたいことにつながることもあります。

わくわくが大切

人参の輪切りを目に当てている男の子

こうした習いごとによるメリットはありますが、「子どもにとって何が大切なのか?」という視点は持っておきたいところです。

もしも、子どもが突然「行きたくない」「やめたい」と言ってきたらどうしますか?

「一度、始めたら途中で諦めずに続けた方がいいんじゃないか…」「行きたくないと言っても行かせた方がいいんじゃないか…」など悩む方も多いのではないかと思います。

何でも簡単に諦めていいと一概には言えませんが、本当に大切なこと、本来の目的は何でしょうか?

それぞれの家庭で習いごとを始めるにあたって、どれだけ続けるかなど約束ごとをすることもあると思います。その約束を守ることや、諦めずに取り組むことも大切かもしれません。

ただ、一番大切なことは子ども自身がわくわくして楽しめることではないでしょうか?何かを極めるまで続ける、技術を高いレベルまで上げることもすばらしいことだと思います。

でも、高いレベルまで登りつめるにしても、そうでないにしても子ども自身が楽しんで取り組めることが、何よりも子どもの興味や関心、好奇心を育てることになるのではないでしょうか^^

子どもの話を聞く

女性の耳元で話をしている女の子

初めは子ども自身が「やりたい!」と言っても、そのうちに行きたがらなくなる場合や、「やめたい…」という場合もあると思います。

「それでも続けさせるべき!」「休んだらダメ!」という前に「どうしたの?」と子どもが嫌がっている理由は何なのかゆっくり聞いてあげましょう。

うまく言葉にできない場合や、正直に言えないこともあると思いますが、「何が嫌なの!言ってみなさい!」というような調子ではなく、「何かあったの?」と時間のある時にできるだけ落ち着いて聞いてあげるのがいいですね。

「もうしたくない」「嫌だから」などあまり理由になっていないこともあるかもしれませんが、子どもがそういう気持ちになるということは何か理由やきっかけがあるはずです。

辞める・辞めないの前に子どもの気持ちにそっと寄り添って、子どもと一緒に心の中と向き合ってみましょう^^

ただ、子どもが何か言えない理由によって、心が辛くなるような、または精神を病むような状況の場合は、習いごとを続けるかどうか、よりも子どもの心が元気になることを優先しましょう!

どこでもOK!

絵を持って笑っている女の子

子どもが何か興味のあることや好きなことを見つけた時、必ずしも習いごとをする必要はありません。

何かに疑問や興味を持ったら、自分で調べてみるように促してみたり、図書館へ行ったり、インターネットで一緒に調べてみるのもいいかもしれません。

スポーツや楽器なども自分で練習してみたり、家族で一緒に練習してみるというのもいいと思います。プロに教えてもらえなくても、子ども自身が楽しめることが何より大切です。

その気持ちを家族と共有したり、家族みんなで一緒に楽しんで取り組むことができたら、それだけでも十分じゃないかなと思います^^

誰に教わるかよりも、子どもがどう取り組めるかの方がずっと大切なことのように感じます。なので、子どもの興味や関心を伸ばすには、それは家の中でも外でも、学校でも図書館でも、公園でもどこでもOKなのだと思います♪

子どもが何かに興味を持った時には、まずは一緒にチャレンジしてみたり、一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました