農家へ嫁いで田舎に移住!田舎と都会で暮らして感じたメリットとデメリット

広がる畑と民家 暮らし

田舎と都会では、それぞれにメリットとデメリットがあると思います。その中で、自分に合った生活スタイルや生活する上での優先順位を決めて、自分の好きな場所で暮らせるといいですよね。

今回は、都会から田舎に移り住んでみて感じたメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

都会から田舎へ

自然の中でたたずむ後ろ姿の女性

もともと住んでいた関西から、海外での生活を経て、農家に嫁いで田舎暮らしをすることになりました。

特段、都会が好きだったわけではないし、実家が田舎にあったので、田舎で暮らすことには何の抵抗もありませんでした。

実際に住んでみて、わたしは都会よりも田舎が好きです。田舎ならではの大変さや不便さもありますが、田舎の穏やかな風景には心癒されます。

都会のメリット

地下鉄のホームと電車を待っている人

都会に住むメリットはこんなもの。

  • 交通の便がいい
  • 食べ物のお店が多い
  • すぐに遊びに行ける
  • 何をするにも便利

多くの人がこの利便性を求めて都会に住んでいるのではないでしょうか?都会では、バスや電車、地下鉄などが発達していて、どこに行くにも簡単に早く行くことができます。

また、ファミレスやコンビニ、レストラン、ファーストフードのお店など食べ物やさんが本当に多い!そこら中にあらゆる種類のお店があってそのときの気分に合ったお店に入ることができます。

休みの日や友達と遊ぶにしても、娯楽施設も多くあり、買い物ができる場所も近いのですぐに遊びに行くことができます。

まさに何をするにも困らない、便利な場所ですよね。でも、そんな便利な中で暮らしていると、その便利さにも慣れてそれが当たり前となって何とも思わなくなるものです。

都会のデメリット

ビルがそびえ立つ都会の街並み

都会に住むデメリットはこんなもの。

  • 家賃が高い
  • 駐車場代が高い
  • 人が多い
  • ゴミゴミしている

まずは、地域にもよりますが都会であるほど、駅に近いほど、便利であるほど、家賃が高くなります。便利なところにはみんな住みたいと思って需要があるので、これは便利であることの代償なのかもしれませんね。

あと、駐車場代が高いことです。これは本当に都会とそうでないところでは全然違います。都会では、駐車場代が何万円もしても当たり前ですが、田舎に行くと数千円で借りれたりします。

そして、人が多いこと。これは人によってはデメリットではないのかもしれません。人の多い都会を好む人には何の問題もないかもしれませんね。

わたしが個人的に人が多く、ゴミゴミしているところがあまり好きではないので書きましたが、田舎好きな人は同じように思う人も多いのではないでしょうか。

都会に住んでいる人が、田舎へ行って癒されるのはこの人の多さやゴミゴミしている環境から離れるからなのかもしれませんね。少なからず人の多さにストレスを感じたりすることはあるのだと思います。

田舎のメリット

夕暮れの空と畑

田舎に住むメリットはこんなもの。

  • 土地が広い
  • 自然が多い
  • 景色がいい
  • 人が少ない
  • 穏やか
  • 不便さ

田舎は地域にもよりますがひとつひとつの土地が広いです。また畑作や稲作、果樹、畜産などが盛んな地域だと、そのひとつひとつがとても大きいので、さらに広大な土地が広がります。

その中に家がぽつんぽつんとある形になるので、建物が密集していることはあまりなく、見渡す限り平な景色が広がります。畑や水田、果樹園や牧場だったり、その先に山があったり。自然いっぱいのこの景色はやはり田舎ならではのもので、都会暮らしでは見ることができません。

また、住んでいる地域の全体数が少ないのであまり人に会いません(笑)用事があって会いに行くことがなければ、基本的に近所の人に会うということがなくなります。

この穏やかな風景の中を愛犬と息子と散歩をするのがわたしの好きな時間です。広くて視界を遮るものが何もないところをのんびり歩いていると、心が穏やかになります。

何をするにも、どこに行くにも近くにお店がなく、不便さはデメリットではありますが、不便さも受け入れるとメリットになるかなと思います。

というのは、すぐに買いに行ける距離にないから、外食をせずに自炊をしたり、ついつい買ってしまうものも買わずにすんだり、「ないならないでまぁいっか!」と思うこともできます。

無駄な出費を抑えることもできるので、これはこれでメリットにもなりえるかなと思います。子どもを育てていく中でも、何でもいつでも手に入るという環境がすべていいわけではなく、子どもにもその不便さやものの価値や大切さを教えられるといいかなと思います。

田舎のデメリット

奥へと続く田舎道

田舎に住むデメリットはこんなもの。

  • 交通の便が悪い
  • 車が必要になる
  • 何をするにも遠い
  • 何のお店も遠い
  • 出かけると遠出になる

田舎では、バスや電車自体があまりなくさらに本数が少ないところが多いと思います。また、電気で走る電車ではなく、ディーゼルエンジンなどの動力で走る汽車しかないところもあります。

都会では便利な地下鉄も田舎では通っていなかったり、その上土地が広く、どこに行くにも遠いので車が必須になります。運転免許が必要になり、車を購入するお金や車検、車両保険、ガソリン代などの維持費がかかります。

ただ、田舎で自分の家を持っている場合、土地が広いので、駐車スペースがあり駐車場代がかかることはあまりないかもしれません。また、一軒家を買った場合ですが、広い庭がついてくることも多いのではないでしょうか。

コンビニ、スーパー、薬局、食べ物やさん、娯楽施設などいろんなお店が近くにはないことも多いかもしれません。でも、わたしが住んでいる地域は車で10分走ればスーパーや薬局、ホームセンターなど生活に必要なお店があるのであまり困りません。

さらに車で20分、30分、40分と走ると別の町に行けるので、そこにしかないお店にも足を伸ばせば行けます。田舎の中でも、ある程度生活に必要なお店が少し先にある、くらいの距離感がちょうどいいのかもしれません。

完全にお店も何もない田舎で「時給自足の生活がしたい!」という人は、そんな田舎生活もまたいいかもしれませんね。

ここもポイント!子育て世帯に優しい政策

赤ちゃんと絵本を読む女性

これは住む地域によって変わってきますが、わたしが住んでいる地域では、子育て世帯を手厚く支援してくれる政策が充実しています。

  • 中学生まで医療費無料
  • 中学生まで給食費無料
  • 中学、高校の制服代を助成
  • 子どもの予防接種の助成
  • 子ども園の2歳までの保育料が安い

他の地域の政策をあまり気にしたことがなかったのですが、他の町に住んでいる人に聞いてみたり、親に聞いてみると今住んでいる地域の政策がいいことが分かりました。

子どもの頃は、風邪をひいたり怪我をしたりしやすい時期だと思うので、中学生までの医療費がかからないことや給食費がかからないというのは、本当にありがたいです。

地域によりますが、中学校では通学も授業中もジャージで過ごし、制服を着るのは入学式や卒業式などの行事のときだけ、という場所もあるそうです。

なので、3年間でほとんど制服を着ないということですね。ほとんど着ないので、兄弟間や地域間で使った制服をあげたりもらったりするところも多いようです。あまり使わないからこそ、制服代に助成があるにもありがたいですね。

また、通常子どもの予防接種は決められた年齢のうちに接種するとお金がかかりません。ここではそれだけではなく、インフルエンザやおたふく風邪など任意の予防接種でも助成され、お金が返ってきます。

子どもの保育料に関しても、3歳からは無償化されたのでどこでもお金がかからないと思いますが、2歳までの保育料は地域によって全然違うようです。

子どもがいる家庭では、子どもにかかるお金というのは必ず出てくるので、子どもがいる世帯への支援が手厚い地域というのも住む場所を決めるのに大きなポイントではないでしょうか。

好きなところで暮らせることの幸せ

空を見ている帽子を被った後ろ姿の女性

どんな場所でも、住む人にとって心地いいと思える場所ならそれが一番いいですよね。でも、職場の関係や家族との兼ね合いなど、いつも自分の住みたい場所に住めるとは限りません。

生活していくために仕方ないこともあると思うので、そういった場合は休みの日に好きな場所に行って過ごしたり、泊まりに行ったりして心を癒して、心身ともにリフレッシュできるといいですね^^

わたしは、今住んでいる場所がこんなところだとあまり分かっていない状態で嫁ぐことに決めたので、住んでみて「こんなところか」と知ったのですが、結果的にすごく満足しています。

ただただ広い風景の中、静かで穏やかな暮らしができています。誰でも初めから望む場所に住めるわけではないかもしれませんが、「住んでみてその場所を好きになる」ということもあるのではないでしょうか。

便利さや不便さ、自分の好みなどもありますが、その場所での「いいところ探し」をしてみると好きなところが見つかるかもしれませんね^^ そして、憧れの住まいがある人は将来の目標にしていつか移住をしてみるというのも素敵だと思います。

また、断捨離をして自分にとって本当に必要なもの、大事なものだけを身の回りに置くと、いらないものがなくなっていきます。お気に入りのものに囲まれて生活をするというだけでも気分が変わるのでオススメです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ また次回お会いしましょう♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました