田舎暮らしをしてみて、しみじみと感じる田舎の良さ(広さと野菜編)

夕暮れと自然の景色 暮らし

前回は、田舎暮らしの良さを、自然や動物、ご近所さんからの野菜のおすそ分けなどについて紹介しました。

今回は、田舎ならではの敷地の広さや野菜の自家栽培について紹介したいと思います。

前回の記事はこちら▽

庭に家庭用のビニールハウス

ビニールハウスと青空

大体の農家さんは、敷地の中にビニールハウスを持っています。冬の間に、種をまいて苗を育てたり、冬場も作物を育てるためです。

その数は農家によって違いますが、わが家は3本、多いところでは10〜20本のビニールハウスを管理しているところもあります。

そんなに多いと管理ももちろんそうですが、ビニールハウスのビニールをかけるだけでも一苦労です。しかも、何十本もビニールハウスが並んでいると距離が結構あります。

なので、その何十本もビニールハウスを持っている知り合いの農家さんは小さい自転車を置いておいて、その自転車でビニールハウス間の移動をしているそうです(笑)

そのくらい敷地も広く、移動距離があるということですね。忙しいのもあるので、時短という意味合いもあると思います。

それだけではなく、出荷用の野菜を育てるためのビニールハウス以外に、家庭用のビニールハウスを持っている家庭が多いです。

その中で、好きな野菜を育てたり、好きな花を育てたり。わが家では、きゅうり、トマト、にんじん、かぶ、とうもろこし、しそ、枝豆、おかひじき、なす、イチゴなどを作っています。

どれも大量にできてしまうので、これまたがんばって食べないといけない量です。うれしい悲鳴ですが、傷まない内に消費するのが大変で、何事も適量というものはあるんやなと思います^^;

とってもありがたいことですが、本当に放っておくとどんどん傷んでしまうので、この時期は野菜の消費に必死です。せっかく作った野菜を腐らせたり、捨ててしまうのは嫌なのでその前においしくいただけるようにがんばっています。

でも、この野菜が高いご時世、使いきれないくらいの野菜がスーパーに行かなくても手に入るというのは、本当にありがたいです。お財布にもやさしい。

他にも、家庭用のビニールハウスでメロンを作っているところもあります!(びっくり)収穫できる時期にはこれもすぐには食べきれないほどの量をいただくので、ありがたく、おいしくいただいています。

敷地が広い

自然の中を歩いている小さな男の子

家にもよりますが、田舎というよりも農家かもしれませんが、敷地が広いです。先ほど話した家庭用のビニールハウスも、縦に結構長くて大きいので、それがまるっと入っちゃう農家の敷地はやはり広いです。

さらに、農家なら大きな倉庫がいくつかあって、その倉庫の大きさもまるまる家が入るくらいの大きさです。そこで、夏にはよくバーベキューをします。これは地域のあるあるみたいで、そんな光景をよく見かけます。

これだけ広ければ、息子がもう少し大きくなったら、庭で空気を入れたプール遊びもできるなぁと楽しみにしています^^

それから、広い敷地では犬や子どもも走り回れます。鬼ごっこをしたり、ボール遊びもできそうです。今は、息子があっちへトコトコ、こっちへトコトコ、転びながらもがんばって歩いています。

敷地が広いので、愛犬も嬉しそうに走り回っています。犬が全力で走れる場所はなかなかなくて、散歩中に一緒に走っても人間の方が遅いし、ドッグランは他のわんちゃんもいるし、そこまで広くないのです。

河川敷は広いですが、リードを離したとき、ちゃんと帰ってくるかなぁと心配です^^;

なので、愛犬が一番イキイキ、そして自由に走り回れるのが庭で、その環境はすごくいいなぁと思っています。

冬には、積もった雪をトラクターで集めて積み上げて雪山を作ってそり遊びもできる。そういう、自然の中で体を使った遊びが思う存分できるのは田舎の良さだなぁと思います。

家が大きすぎる!

おしゃれな大きな家

これは田舎のいいところというより、特徴なのですが、家が大きい!本当に巨大なんです。わが家は平家で18坪とミニマムな家にしましたが、周りの家はとっても大きい。

「あれ、これちょっとしたアパートかな?」と思うくらい大きい!その凄さが伝わりにくいのがもどかしい…。笑

80坪や100坪の家も近所にあったり、知り合いの家にあったりします。大きすぎてちょっとピンとこないですが、わたしたちの家が20坪もないのでその5倍?!すごすぎる。

わが家はこじんまりしていますが、それでも家族3人で暮らすには十分です。周りの家は本当に大きくて、何部屋あるんやろう…という感じです。

ただ、大きい家は大体、2世帯や3世帯で住んでいるところが多いのでそういう理由で大きいというのはあります。でも、それだけ大きいとその分掃除や部屋の管理が大変そうだな…といつも見ていて思います。

それこそ、将来、親が亡くなったり、子どもが自立したときにはめちゃくちゃ大きな家に夫婦2人きりになります。そうすると、ほとんどの部屋が使わずに空いちゃうことになるんだろうなぁなんて思います。

また、農家で使うトラクターや農機はひとつひとつが高額で、何百万、何千万という値段がします。いい車や家が買えるくらいの額ですよね。

なので、大きな家を建てて、新しい機械を入れたりしているところはローンが大変なんじゃないかな…と勝手に心配しています。笑

人それぞれに優先したいもの、お金をかけたいものは違います。わが家はセミリタイアを目指しているので、先を見据えて、何に大きなお金を投資すべきか夫婦でよく話し合って、わが家なりの方針でやっていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ また次回もぜひ読んでもらえると嬉しいです♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました