嫌がって大人しくさせてくれない歯磨き!子どもの歯磨きを楽にする方法

カラフルな色の小さな歯ブラシ 子育て

子どもは小さいとき、歯磨きを嫌がって大人しく歯を磨かせてくれないことってありますよね。

特に、まだ自分で磨けない年齢だと大人がしっかり磨いてあげなくてはいけません。でも、口を開いてくれなかったり、じっとしてくれなかったりと、手を焼いている人も多いのではないでしょうか?

そこで、わが家で効果があった歯磨きの方法について紹介したいと思います。

初めての歯磨き

歯磨きをする小さな子ども

生後6ヶ月ころ、初めて歯が生えてきて、10ヶ月で検診をしたときに歯磨きをしていきましょうと言われ、歯磨きデビューをすることにしました。

そこで歯ブラシをもらったので、早速その日から歯磨きをスタート。わたしが床に座って、息子の頭が自分側にくるように寝転ばせると、大人しく歯を磨かせてくれました。

それを数日繰り返していくと、歯ブラシを持って「おいで〜」と言うと近付いてきて自分でゴロンと寝転がるようになったのです!

嫌がらずに歯磨きをさせてくれ「なんて偉いんだろう…!」と思って夫婦でめちゃくちゃ褒めていました。しかし、そんな期間は長くは続きませんでした…。

イヤイヤ歯磨き

手を握られながら泣いている赤ちゃん

いつの頃からか、突然、歯磨きを嫌がるようになってしまいました。歯茎や上唇と歯茎を繋いでいるスジに歯ブラシを強く当ててしまったのでしょうか?

それとも、自己主張をする時期になってきてイヤイヤとしたいだけなのか?理由は定かではないですが、今はもう大人しく歯を磨かせてはくれません。

歯ブラシ自体は好きなようで、歯ブラシを見ると喜んで近付いてきて、歯ブラシを渡すと楽しそうに自分の口に入れて手を動かします。

「すごい!」「上手〜!」と褒めつつ、わたしが仕上げ磨きをしようと寝転ばせ、口の中に歯ブラシを入れると足に力を入れ、のけぞって嫌がります(笑)

わたし一人で歯磨きをするには、ちょっと磨ければ褒め、またちょっと磨ければ褒め、だましだましするくらいしかできませんでした。

歯科検診

歯科医師に歯をみてもらっている男の子

つい先日、地域でやっている歯科検診と予約制のフッ素塗布に行ってきました。まず、虫歯がないか見てもらい、虫歯は今のところはなく一安心。

家では歯磨きを嫌がってじっとしてくれず、なかなかしっかり磨けていないことも伝えましたが、「この年齢ではよくあることですよ^^」と言われ、ほっとしました。

その後、歯を専用の青い液で染め、どれだけ歯垢が残っているかを見せてもらいました。わたしたちも子どもの頃、小学校などでやりましたよね。

どこにどのくらい磨き残しがあるのか説明してもらい、汚れが溜まりやすいところとその部分の磨き方を教えてもらいました。

教えてもらった歯磨きの方法は、わたしが抱っこをしてその向かいに座っている歯科医の先生の膝に子どもの頭を乗せる形で、わたしが子どもの手を握ります。

そして、1本1本、歯の大きさや向きに合わせて歯ブラシの角度を変え、小刻みに磨いていきます。

このとき、上唇と歯茎を繋いでいるスジに歯ブラシを当てないように、人差し指で上唇を押し上げ、スジを隠した形で磨くようにします。

他にも、唇やほっぺのお肉をめくったり、引っ張り、しっかりと歯と歯茎の間を見えるようにして磨くことが大事なのだそうです。特に、歯と歯茎の間には歯の汚れが溜まりやすいためです。

家では、ちょこちょことだましだまし磨くだけだったので、結構汚れが残っており、今回はたまたま虫歯はありませんでしたが、いつ虫歯になってもおかしくないとのことでした。

なので、子どもが嫌がるようであれば、夫婦や家族などと協力して、この日やったように大人2人体制でしっかり磨いたほうがいいと教わりました。

1日に最低1回だけでもしっかり磨く時間を作り、寝ている間に口の中の雑菌が増えていくので、寝る前の歯磨きをしっかりしてくださいね、と言われました。

そして、最後にジェル状のフッ素を歯ブラシに付け、それを歯に塗ってもらい終了しました。

3人で歯磨き

小さな女の子を抱いている夫婦

この日から、仕事から帰ってきた夫に協力してもらい、大人2人体制で歯磨きをしてみることにしました。

この日教わったやり方で、夫が抱っこし、わたしの膝に子どもの頭を乗せて、夫が子どもの手を握ってやると…あら不思議。なぜか大人しく磨かせてくれるのでした!!

足を突っ張って嫌がるときもありますが、そういうときは抱っこしている人の体の外側に開いた子どもの足がくるようにします。そして、子どもの膝あたりを抱っこしている人の腕や肘で押さえます。

何だか、がっちり押さえつけているように思えるかもしれませんが、こうしてある程度動けないようにすることで大人しく磨かせてくれるのだと思います。

自由に動ける状態だと、嫌がると全然磨けないくらい動いてしまいますが、ある程度身動きが取れないことで、「あれ?動けないな…?」ときょとんとする感じです。

実際に、この姿勢で子どもが嫌がって泣き叫ぶことはありませんでした。体を固定することで動きが止まるので、この間に楽しく歌を歌ったり、声をかけたり、笑いかけながら磨いています。

大人しくしてくれますが、長い時間、体を固定されていると子どもも嫌がったり、歯磨き自体が嫌いになってしまうかもしれません。

なので、そうならないように丁寧に磨きつつも、手早くして短時間で済ませることも大事です。そして、終わったら存分に褒めてあげましょう^^!!

その歯磨きが終わったら、わが家は息子に子ども用の歯ブラシを渡しています。すると、楽しそうに口に入れるので「歯磨き=楽しい」という気分で歯磨きが終われるんじゃないかなと思っています。

フッ素で歯磨き

歯ブラシに歯磨き粉をつけている手

歯科検診でのフッ素塗布は、次回は5ヶ月先ということでしたが、家でできるフッ素塗布もあることを教えてもらいました。

フッ素入りの歯磨き粉などもありますが、まだうがいができない年齢の子どものために、口をすすぐ必要がないものもあるとのことでした。赤ちゃん用品の専門店やドラッグストアでも売っています。

わたしはドラッグストアで探しましたが、キッズ用のうがいが必要なものしか見つけられず、困っていましたが、ドラッグストアの赤ちゃん用品の棚にいくとありました!

ジェル状のものや泡状のもの、うがいをしたほうがいいもの、する必要はないもの、生後6ヶ月から使えるものなどたくさん種類がありました。

年齢やうがいができるかどうか、子どもの状態に合わせて選んでみるといいと思います。わが家は、泡状になっていて寝る前にフッ素を塗布する、うがいが必要のないものを選びました。

歯磨きは大事な生活習慣です。子どもが嫌がらずに自分で歯を磨けるようになるためにも、小さなうちから楽しく歯磨きができるといいですよね。

子どもが虫歯になってしまうと、歯医者に行かなければならなくなります。毎日のブラッシングで虫歯を予防できれば一番いいですよね。

毎日の歯磨きに加え、家でもできるフッ素塗布をすることで、虫歯になりにくい歯にしてくれます。お子さまの歯の健康を守るために取り入れてみてはいかがでしょうか^^?

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました