自分ってどんな人だろう?自分を客観的に見て長所と短所に気付こう!

白い空を背景にたたずむ女の子 考え方

自分の長所や短所ってどんなところでしょうか?自分の長所や短所について改めて考えてみたり、人から意見を聞いたりすることで、自分では気付かなかった自分に気付けるかもしれません。

長所にしろ短所にしろ、自分でも気付いていなかった部分に気付くことは生きていく上でとってもプラスになると思います^^

今回は、自分の長所と短所、変えたいところについて考えてみたこと、それによって気付いたことを話していきたいと思います。

自分ってどんな人?

人形とクエスチョンマーク

あなたは自分がどんな人だと思っていすか?それぞれにいろんな性格や考えを持ち、経てきた経験によって「自分」ができていると思います。

しかし自分のことは、自分自身が一番よく分かっているようでいて、それは主観で分かっているつもりになっているだけかもしれません。

自分が周りからどう見えているか、客観的に他者と比べてどんな特徴があったり、どんな長所と短所があるのか、改めて自分を振り返ってみたり、人に意見を聞いてみたりすると面白いと思います。

長所と短所

○と×のマークを持っている女の子

自分の長所と短所なんて、小学校の頃に友達に渡された「プロフィールカード」(懐かしい!もう今はないかもしれませんね(笑))を書くときに考えたくらいです。

あとは、就活をする時や履歴書を書く時に自分をアピールするために自分の長所について考えたりしますよね。でも普段の生活をしていると、改めて自分の長所や短所を考える機会はそんなにないと思います。

それでも何気なくやっていることが、人から見た時に「すごいなぁ」と思ってもらえたり、反対に気付かないうちに人に「嫌だなぁ」と思われたりしているかもしれません。

他者の目を気にすることが目的ではありませんが、自分の感覚と他者の感覚の違いを知っておくことは自分の気付きや学びになると思います。

自分について「こんなところは苦手だな、良くないな」と思うところ、「こんなところは得意で、いいところだな」と思うところを探してみてください。

そして、家族や友人など近しい人に「わたし(僕)の長所と短所って何だと思う?」と聞いてみてください^^ ちょっとドキドキするかもしれませんが、きっと新たな気付きがあるはずです。

わたしの場合

子どもを抱っこしている女性

わたしの場合は長所と短所はどんなところでしょうか?ちょっと振り返って考えてみたいと思います。

自分が思う短所

もともと「自分の短所ってどんなところだろう?」とあまり改めて考えたことがなかったですが、いざ考えるとあまり思い付かないものですね。

振り返ってみて思うのは、自己主張が弱い人間だったかなと思います。強いこだわりがあまりなく、特に小学校の頃などはリーダー格の友達のいうことを聞いていた気がします。

子どもの頃で言うと、それは誰でもよくあることかもしれませんね。でも、大人になってからも、初めて勤めた職場では良くも悪くも真面目なので、「こうだよ」と教えられたらそれを疑うことなく突き進んでいました。

教えられたことを実直にこなすことは悪いことではありませんが、信じすぎるという部分はありました。自分の頭で自分の感覚で物事を見るということができていなかったなぁと思います。

そして、人の評価を気にして、周りの目や反応に囚われて、他人の意に沿うような行動や言動になって、自分を見失ってしまっていたなぁと思います。

でも、この時の経験があったからこそ、自分の頭で考えることの大切さや、表面上に見えるものだけでなく物事や問題の本質を見るようにしようと思うようになりました。

人が思う短所

副業を始めてから夫に指摘されたことですが、ブログなど何かに集中しすぎると周りが見えなくなるところがあります。

自分の中で「ここまで仕上げたい!」という思いが強いと、のめり込みすぎて際限なく時間を使ってしまい、時間のコントロールができなくなりがちです。

そして、時間がなくなることで後から気持ちにも余裕がなくなって、イライラしたり、焦ったり…の悪循環に陥ってしまいます。

あとは夫にだけですが、ちょっとしたことで拗ねたり、素直になれないことがあります。これは完全に甘えですね…。引き際が分からなくなって、意地を張ったりしてしまうのでもう少し大人になろうと思います^^;

自分が思う長所

長所は、昔から何にでも一生懸命取り組む、頑張ることができるところです。すごく当たり障りのないことのように思えますが、当たり前のように言われたことを素直に受け止めてやることができます。

これは大人になっても変わっておらず、人から頼まれたことも「面倒臭いなぁ」と思うよりも前向きに取り組むことができる方だと思います。

あとは、すぐに行動することです。やろうと思ったことはすぐに行動に移すこと、実現したいと思ったら実際に行動に移せるところは、周りの友達にも褒めてもらえました。

そして、継続すること。このブログもそうですが、毎日やろうと思っている筋トレや犬の散歩など、継続することが得意です。中学生の頃も部活の顧問の先生に言われた筋トレを毎日ひたすらに続けていました。

人が思う長所

ここまでの自分が思っている長所は、人に褒めてもらえるところと重なる部分が多いように感じます。でも、人からは自分が認知しているよりも「すごいこと」として認識してもらっていました。

これは夫から言ってもらえたことですが、これまで自分の中になかった考え方や試みでも「いい」と思えたことは「やってみよう!」と思える柔軟なところです。

これまでの自分の考えに囚われず、他の人の考えにも囚われず、いいと思った考えを受け入れて行動できるところが、「柔軟ですごい」と言ってもらえました。

変えたいところ

汗をかいている人形

これは夫と暮らすようになって気づいたことなのですが、わたしはとっても早口です(笑)

自分が早口なのは知っていましたが、夫が「えっなになに?!何て言ったの?」「全く聞き取れなかった!」とあまりにはっきり言うもんだから、そう言われるたびに面白くて笑ってしまいます。

それも、これまでそんなにズバズバと遠慮なく指摘してくる人がいなかったので、ここまで指摘されてようやく「わたしはそんなに早口なんだなぁ」と自覚するようになりました。

「早口=悪いこと」というわけではありませんが、わたしの場合、舌が回っておらず何を言っているのか聞き取りづらい早口なのです^^;

うまく言えなくて噛んだりすることも多く、早口だけど言っている言葉がはっきり聞き取れるタイプの人はすごいなぁと思います。

家族でいうと、わたしの早口に慣れているのか、ある程度の早口だと何て言っているのか聞き取ってもらえます。そのことに夫はめっちゃ驚いていました(笑)

早口で何て言ってるのか相手に伝わらないのは意味がないし、ちょっとでもゆっくり喋りたいなと思っています。

あと、自分では気付いていなかったのが声が大きくなるところ。夢中になって話したり、熱が入っている時、または伝えたいことがある時などどんどん声が大きくなります。

これは、未だにあまり自覚することができていません^^; でも、確かに「声大きい!」と言われてハッとすると、「大きかったかも…」と思うことがよくあります。

お店の中などでも、夫に「店内にいる人全員に聞こえてるよ!笑」と言われて、「恥ずかしい〜!」となるので自覚して音量を抑えていきたいと思います^^;

振り返ってみる

考え事をしている人形

こうして改めて自分の長所や短所について考えてみたり、人に聞いて自分を振り返ってみたりすることは、自分に対して新たな発見があったりします。

正直なところを指摘されて居心地悪い気持ちにもなるかもしれませんが、素直に一度「そういうところもあるのかもしれないなぁ」と振り返ってみましょう。

指摘されたことが悪いこと、と終わるのではなくて、自分自身が「そうかもしれない」と思えたなら、どう変えていけばいいか考えるだけです。

新たに気付けた分、もっと自分を好きになれるチャンス、一歩前に進めるチャンスだと思います。人からの指摘や気付いた短所も、こうして前向きに捉えることができるとプラスに転じることができますね^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました