GAP取得を目指して。組み立て式の農薬庫が完成!

積み重ねられた薪 農業

GAPを取得するための第一歩として、夫が農業の仕事の合間に時間を作って農薬庫を作っていましたが、完成しました!

どんな感じのものが完成したか紹介します♪「GAPとは何か?」ということは前回の記事で紹介しています。前回の記事はこちら▽

農薬庫とは?

赤い壁とホイール

農薬庫とは、その名の通り農薬を入れておくための場所です。農薬は除草剤や殺虫剤、殺菌剤などのことで、農作物を育てる上で、作物に虫が付かないようにしたり、病気にならないようにしたり、雑草を生えにくくしたりします。

人の体には害がない範囲で適切に、作物が元気に美味しく、大きくなれるように使用します。

その農薬はしっかりと管理する必要がありますが、実際には個々の農家のやり方次第なのです。そんな訳で、わが家も以前は大きな倉庫の中にパレットという木の板を敷き、その上に農薬の入った段ボールを積み上げていました。

どの段ボールに何がどれだけ入っているか分からず、マジックで段ボールにメモ書きされていました。しかし、それも毎回書けているわけではないので、蓋を開けてみると書いてある内容と中身が違うなんてこともありました。

段ボールが積み上げられているので、使いたいものを出そうにも出し入れもとても面倒でした。そこで、農薬庫を作って農薬を整理整頓して置くことで出し入れもしやすく、しっかり管理できるようにしようと思ったのです。

コンテナを探す

積まれたカラフルなコンテナ

農薬庫として使おうと思ったのが、コンテナです。貨物列車などに使われているコンテナの余っているものを、鉄道会社から購入することができるのです。

費用は1つ10万円くらいで買えるそうです。農薬庫を早く作りたかったので、すぐにでも購入しようと思い、最寄りの鉄道会社に電話で問い合わせましたが、なんと購入できるまで1年以上かかるとのこと!!

1年前に予約していたお客さんにようやくお届けできそう、というような状況のようです。つまり、コンテナを買いたくて待っている人がたくさんいて、わが家が予約したとしても手に入るのはいつになるか分からないとのこと。

そんなに需要があるとは…!!思いもしませんでした。さて、がっくりしましたが1年以上も待ってられないということで、他の選択肢を探し始めました。

そこで、ネットで購入できる組み立て式の物置のようなものを見つけ、それを購入して作ってみることにしました!

農薬庫作りスタート!

届いた物置の材料には、鉄の板やネジ、留め具などがたくさん付いていて、1〜50まで作る工程がありました。完成までなかなか遠いですが頑張ります!

こんな感じで物置の壁の部分である鉄の板を固定して作っていきます。

組み立て始めた倉庫

少しずつ組み立てられていきます。

組み立て途中の倉庫

大分、形らしくなってきました。

組み立てられている黒い倉庫

完成!

とうとう完成!小さいお家みたいで、なんだかかわいい^^

組み立てられた黒い倉庫

中はこんな感じになっています♪結構広い!

鉄で作られた倉庫

そして、この中に農薬を収納していきます。どんな棚を設置すればいいか、ホームセンターに行ったり、ネットで探したりしながら悩む夫。

結果的に、割と安価でいいものを見つけ、組み立てて設置。それから、農薬を整理整頓して収納しました。たくさんある農薬が一目で分かり、出し入れもしやすくなりました!

農薬が収納された棚

手前はこんな感じ。ライトも付いています。

農薬が収納された棚と倉庫

これだけの段ボールに入っていた農薬が農薬庫の棚にきれいに収まりました!これには夫も義父も大満足♪

積み重ねられた空の段ボール箱

この農薬庫は、下にパレットと呼ばれる木の板を敷いてあるので、フォークリフトを使って移動させることができます。この物置自体は強風には強くないようなので、この農薬庫は大きな倉庫の中に設置して使おうと思います。

今回、農薬庫を作るきっかけとなったのは、GAP取得を目指したからでした。しかし、こうしてやってみると、GAPという認証を得ることだけが目的ではなく、GAPに取り組むことで結果的に農作業を効率よく、安全に、円滑に進められるようになることがよく分かります。

最終的にはGAPの取得は目標としてありますが、働く職場が整理整頓され、物の管理がしやすくなり、労働環境や労働条件についての意識が高まることはひとつひとつが働く人にとってプラスになります。それがGAPの目的でもあります。

これからもGAPに取り組むことで、農家としての意識をレベルアップし、働く人や自然環境にとっても良く、野菜を買ってくれる人にとっても安心で安全なものを届けられるように頑張っていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ また次回もぜひ読んでもらえると嬉しいです♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました