初めてのブロックにはベビークレミー、クレミープラスがオススメ!

ブロックで遊んでいる赤ちゃん 子育て

子どもが大きくなってくると、遊びの幅がどんどん広がっていきます。手先を使った遊びもできるようになった子どもに、ブロック遊びはいかがでしょうか?

でも、「どんなブロックから始めたらいいんだろう?」という声や「口に入れてしまうかもしれないし、安全性も気になる…」との心配もあるかもしれません。

そんな中で、初めてのブロックにオススメなベビークレミー、クレミープラスについて紹介していきたいと思います。

初めてのブロック

ブロックを手に持っている小さな子どもの手

初めてのブロックには、どんなものを選んだらいいのでしょうか?

年齢が小さいと舐めたり、口に入れてしまうことも考えられます。なので、小さい部品だと飲み込んでしまう危険性があるので注意が必要です。

そのため、口に入らないような大きさのものがいいですね。そして、舐めてしまって安全なものが望ましいです。

最初は、ブロックを持つだけでも手先を使う練習になり、それだけでも遊びになります。

あとは、できるだけ長く使えるものということも大事なポイントです。年齢が上がっても、遊びを発展させてある程度の期間、遊び続けられるものだと嬉しいですね。

ベビークレミー

赤ちゃん用のブロック

そこでオススメなのが、ベビークレミー。ベビークレミーは、生後6ヶ月から使うことができる赤ちゃん用のブロックです。

このブロックのオススメなポイントは、まず柔らかいこと。プラスチックではなく、弾力がある柔らかな素材で作られているので、踏んでも痛くありません。

また、赤ちゃんが舐めたり、口に入れることも考えて作られており、食品衛生法の基準に適合しているので、口に入れても安心です。

汚れたら、水洗いもできるのでこまめに洗うことで清潔に保つこともできます。

専用の四角い入れ物がついていて、そのフタの部分が突起になっている種類のものと、丸や三角、四角、ハートなどの形の穴が空いているものがあります。

突起になっているものは、そこにブロックをはめ込むことができるので、初めてのブロックでも遊びやすくなっていると思います。

いろんな形の穴が空いているものは、ブロック自体にもいろんな形があるので、同じ形の穴に通すというパズル遊びもできるようになっています。

一つのブロックの大きさもかなり大きく、まだ手先の器用でない赤ちゃんでもつかみやすいサイズになっているのがいいですね。

はめこみや外すのにも力がいらず、簡単にできるようになっているので、赤ちゃんでも積み上げたり、外したりを楽しむことができるようになっています。

クレミープラス

柔らかい素材のブロック

ベビークレミーは、3歳まで使うことができると表示されていますが、成長してくると3歳まで使うには少し物足りないかもしれません。

ベビークレミーは、シングルとダブルのブロック合わせて20個入りで、大きさも大きい分、年齢が上がってくると簡単にブロックを使いきってしまいます。

そして、ブロックの数の少なさやブロックの形の単純さから、組み立てられるものの幅も狭くなってしまいます。

なので、1歳半ごろから初めてのブロックを考えている場合は、クレミープラスがオススメです。

クレミープラスは、シングル、ダブル以外に、突起が4つ付いたブロック合わせて60個がついており、大きさもベビークレミーよりもひとまわり小さくなっています。

とはいえ、一般的な細かいブロックよりもはるかに大きいので、つかんだり、はめたり、外したりしやすいです。

これも柔らかな素材でできているため、散乱したブロックをお母さん、お父さんが踏んでしまって「痛い!」ということもなく、安心です^^(笑)

また、子どもがブロックを投げてしまうこともあると思いますが、そんな時にも大きな音が出ず、床なども傷がつきません。

子どもが成長してくると、一般的な細かいブロックを好んだりする時期はやってくるかと思いますが、そのブロックを始めるにはまだ早い段階のお子さんにはとてもいいと思います。

カラフルな色を楽しんだり、はめたり、外したり、同じ色を繋げてみたり、大きく積み上げてみたり。または、想像を膨らませてタワーやロボット、動物なども作ることができます。

わが家では

顔のついた積み木

わが家では、初めてのブロックを買おうとした時期が息子が1歳半の頃だったので、クレミープラスを購入することにしました。

息子は、届いた段ボールの段階から興味津々。クレミープラスを出してあげるとすぐに食いついていました。

わたしがブロックを繋げたり、外したりして見せると、息子も見よう見まねでブロックを触ったり、繋げたり、外したりしていました^^

ただ、今の息子のブームは、ブロックを繋げたり、何かを作るブロック遊びとは違うもののようです。

ブロックは専用のビニールの入れ物に入っているのですが、入れ物から出し入れしたり、他の場所に運んだりして遊んでいます。

引き出しを開けるとブロックが!食器入れをのぞくとブロックが!ゴミ箱をのぞくとブロックが!!あちこちにブロックが入っています。この間は、夫の衣装ケースにも入っていました(笑)

そうして、いろんなところに運んだり、入れたり、出したりすることが今の息子には楽しいようです。

日々、いろんな方向に興味が伸びていっているので、その時々の息子の好きな遊び方で遊んでくれたらいいかなと思います。

そのうちに、ブロック遊びにも興味が出てくると思うので、その時にはまた息子なりの楽しみ方を見守っていきたいなと思っています^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました