必見!子どもの教育費と自分たちの老後資金はどうやって準備する?

電卓とクエスチョンマーク お金の勉強

多額のお金がかかる子どもの教育費と自分たちの老後資金をどう準備しようか頭を悩ませている人も多いと思います。

どちらも高額なため、長い時間をかけて準備をしていく必要があります。しかし、高額な資金をどう準備していけばいいのでしょうか?

必要な教育費や老後資金を準備するために必要なものを紹介したいと思います。

教育費と老後資金

白いノートとお金

子どもを持つ家庭になると、日々の生活もお金がかかりますが、もっと先を見据えて大きな金額を準備しておかなければなりません。

それが、子どもの教育費用と自分たちの老後資金です。子どもが義務教育を終え、高校や大学、専門学校などに進学するには大きな金額が必要になります。

その他にも子どもが大きくなり、自分たちが老後働かなくなってからの生活費や、できればやりたいことをやる費用も準備しておきたいですよね。

今の時代、受け取る年金だけでは十分ではなく、例え年金と預貯金を切る崩して生活はできても、せっかくの人生、旅行や趣味などやりたいことをして楽しんでいきたいですよね。

しかし、それには多額のお金がかかります。世間では老後資金として2000万円かかると言われていますが、2000万円の内訳を見てみると極端に食費が高かったりします。

生活に何が必要か、何にいくら必要かは人によってさまざまです。なので、自分たちの今の生活を参考にして、老後の年齢で月々何にいくらくらいかかるかを考え、それを基に試算するといいと思います。

やりたいことも含めて考えてみて、そうすると自分たちに必要な金額が見えてきます。では、その金額をどう準備していったらいいのでしょうか?

教育費

横になっている豚とコイン

まず、子どもの教育費にはどのくらいお金がかかるのか見ていきましょう!

高校

公立の高校で1年間でかかる教育費が約45万円、私立の高校で約100万円と言われています。3年間では公立高校が約137万円、私立高校では約290万円ほどかかり、公立と私立では2倍以上も差があります。

この他にも入学金は、公立高校では5000円台ですが、私立高校では学校によって異なりますが、平均して約16万円かかると言われています。

このことも踏まえて、公立と私立どちらがいいのか、どうしてその学校に行きたいのかなど、子どもとよく話し合って決めるのがいいと思います。

大学

国立大学の学費が4年間で約243万円、公立大学が約255万円、私立大学(文系)が約398万円、私立大学(理系)が約542万円と言われています。

ここで医歯系や薬学部になると6年間で約2357万円かかると言われます。大学の進学にはこうした大きな金額がかかります。

そして、それを親が払う場合には多額の資金が必要で、子どもが奨学金を借りて進学する場合でも、子どもが奨学金を返済するまでに13〜20年ほどかかります。

子ども自身が30〜40歳くらいになるまで払い続けることを考えると、そのタイミングで結婚したり子どもができてお金がかかったりすることも考えられます。

奨学金の返済が家計を圧迫してしまうこともあり、奨学金を借りるということはローンと組むこと、借金をすることだとよく分かっておく必要があります。

いずれにしても、本当に進学したいのか、その理由や何を学びたいのかなど、十分に家族で話し合って決めることが大切です。

専門学校

専門学校にかかる学費は、進む分野によっても違いますが大体総額で約220万円くらいと言われています。国立・公立大学よりも安く、私立大学に比べると約半分ほどになります。

例えば公立高校、国立大学に行くと仮定すると、子どもの教育費は公立高校約80万円+国立大学約243万円で約323万円ほどかかります。

これを私立高校や私立大学に進むことを考えるとさらに高額になります。そのために大切なのが、児童手当を貯めておくことです。

児童手当

児童手当の文字と計算機

子どもができると、子どもを育てるだけでとてもお金がかかります。養育費だけではなく、教育費に習い事、お小遣いなど、いろんなお金がかかりますね。

でも、毎月の生活費は仕事の収入でまかない、0歳〜中学3年生までの児童手当を使わずに貯めると200万円近く貯めることができ、それを教育費に充てることができます。

しかも、今は3歳児からの幼稚園や保育園の無償化が始まっていたり、保護者の所得によって制限がありますが、高校の学費も実質無償化できる場合があります。

仮に、公立高校・国立大学でかかる教育費約323万円から児童手当の総額約198万円を差し引くと残りは約125万円です。そうすると、子どものために貯めておかなければならないお金は約125万円ほどということになります。

もちろん、学校の部活の道具やユニフォーム、遠征や修学旅行など細かいお金は他にもかかってくると思います。

それでも、これだけ大きなお金を確保しておくことや、あとどのくらい必要なのか分かっておくだけでもお金の不安は減りますよね。

つみたてNISA

nisaの文字と計算機とお金

さらに心強い味方がこのつみたてNISAです。つみたてNISAに関しては、詳しくはこちらで紹介しています。

子どもの学費や老後資金はほとんど必ずかかります。その大きなお金を貯めるために多くの人が貯金をすると思います。

しかし、貯金をするだけでは減ることもありませんが、今の預貯金の利息では大きく増えることもありません。

つみたてNISAなら、お金を貯金するつもりで毎月定額を積み立てることで、積み立てたお金以外に運用して得た利益も得ることができます。

子どもの学費を貯めたり、老後資金を貯めるという未来に使うお金で、長期的にお金を投資することができる場合にはかなりおすすめです。

2037年までの間に年間40万円まで、最大20年間は非課税で積み立てることができます。そうすると、積み立てた総額が約800万円になります。

ちなみに、年間40万円を積み立てたい場合、月々の積立金額は約3万3000円になります。

そして、つみたてNISAで運用した場合、運用利率で低いと言われている3%で約1000万円、平均の5%で約1300万円、高いと言われている7%で約1700万円になります。

短期間で考えると、景気の変動によってマイナスになる可能性もあります。しかし、子どもの教育費や老後資金という何十年と先に必要になる費用を長期的に積み立てられることでそのリスクは下がっていきます。

景気は常に上下しながらも、長い目で見ると右肩上がりになっていくものだからです。

例えば、このつみたてNISAを夫婦で活用すれば、2人で積み立てた金額が約1600万円、運用で得られる利益が約400〜1800万円ということになり、合計で約2000〜3400万円くらいになります。

この運用益に関すると、事前に予測することができないので、確実なことは言えませんが、少なくとも3%で計算したくらいの数字になると言えます。

そうすると、公立高校・国立大学に進学した子どもの教育費(約323万円)のうち、児童手当(約198万円)を差し引いた約125万円と、仮に必要な老後資金を約2000万円と仮定して、それを足した場合、約2125万円になります。

それを、夫婦2人それぞれがつみたてNISAで積み立てたお金と運用益を合わせた約2000〜3400万円から差し引くと、足りなくても125万円ほどで、むしろ1275万円近く余るという可能性も考えられます。

iDeCo

idecoの文字と積み木

さらに、わが家ではiDeCoも活用しています。iDeCoもつみたてNISAと同じく国が進めている制度で、自分で積み立てた掛け金を運用して、掛け金と運用益を受け取ることができる私的年金制度です。

iDeCoは60歳になるまで、お金を取り崩せないという特徴がありますが、自分たちの老後資金のためと目的を決めてしまえばそれほど問題もないと思います。

しかし老後資金のように何十年と先の目的ではなく、早い段階でお金が必要になる場合や、自分のタイミングでお金を引き出したい人には向かないかもしれません。

中でも、iDeCoの掛け金は所得控除になるので、自営業者やフリーランスの人におすすめです。自営業をしていると、公的年金が手薄になるため、iDeCoで節税をしながら老後の備えができるという優れものなのです。

iDeCoは、月々にかけられる掛け金の上限額が人によって違います。自営業者や会社員、公務員、専業主婦(夫)などによって変わり、一番高い上限となっているのが自営業者で最大6万8000円になります。

副業

十円玉とじょうろの絵

副業は、本業以外に自宅など場所や時間にとらわれず、自分の得意なことや好きなことを活かせるものを見つけられるといいです。

そうすると、楽しみながら自分のペースでいつまでも働いたり、収入を得たりすることができるようになります。

自分の得意なことや好きなことを仕事として成り立たせて、安定して収入を得られるようになるには、時間がかかり、簡単なことではないかもしれません。

しかし、それを見つけて確立することができれば、人生の自由度が大きく上がります。

まずは、働きつつも自分の好きなこと、得意なこと、「もともと何がしたかったのかな?」ということなど考えてみてはいかがでしょうか^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました