【時短家電シリーズ】ドラム式洗濯機で洗濯が楽になる!オススメの機能とは?

洗濯物が出ているドラム式洗濯機 暮らし

時短家電シリーズ第3段です。今回はドラム式洗濯機について紹介していこうと思います。昔は縦型の洗濯機が主流でしたが、今ではドラム式洗濯機を使っている人も多いと思います。

縦型の洗濯機と何が違うのか?メリットやデメリット、どんな人にオススメかなどを解説していきます。

縦型の洗濯機のメリット

脱衣所と洗濯機
  • 洗浄力が高い
  • 本体の設置スペースが少ない
  • ドラム式と比べると価格が安い

縦型の一番の強みは洗浄力が高いことです。たくさんの水で洗剤を泡立たせてこすり洗いをするので汚れが落ちやすくなります。

本体の大きさがドラム式よりもスリムで価格も比較的安いので、ひとり暮らしや洗濯スペースの限られている賃貸の部屋、学生さんなどに向いています。

縦型の洗濯機のデメリット

縦型の洗濯機
  • 節水性に劣る
  • 衣類が絡みやすく傷みやすい
  • 大きな洗濯物の出し入れがしにくい

こすり洗いは汚れが落ちやすい反面、衣類も傷めやすくなってしまいます。とはいえ、ある程度は仕方がないと思うので、特に大切に着たい服は他の洗濯物と絡まないように、摩擦が起きにくいようにネットに入れて洗うといいかもしれません。

毛布などの大きなものを洗う際、洗濯機の上から出し入れしないといけないと特に洗濯後の濡れて重くなっているものは取り出しにくくなります。

ドラム式洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機が置いてある部屋
  • 節水性が高い
  • 洗濯物が傷みにくい
  • 乾燥機能が優れている
  • 本体の上にものが置ける

ドラム式は洗濯槽が横向きまたは斜めになっているので、回転するときに洗濯物が持ち上がって落ちるたたき洗いになります。こすり洗いより洗浄力は低くなりますが、その分衣類同士が絡みにくく傷みにくいです。

少ない水で洗うので節水になり、乾燥機能も縦型よりも優れています。洗濯槽の傾きにより洗濯物が持ち上がって落ちることで、より温風が衣類に当たり短時間でしっかり乾かすことができます。

フタを開閉するのが側面になるため、本体の上にものを置くこともできます。子どもや自分の着替えを準備して置いておいたりできて便利です。

洗濯機の上に棚なども作ることができますが、洗剤投入口やフィルターを取り出す部分が本体の上にあるタイプの場合は、取り出せる十分なスペースを空けておくように注意が必要です。

ドラム式洗濯機のデメリット

洗濯機から出ている足
  • 設置に広いスペースが必要
  • 洗浄力がやや劣る
  • 色移りしやすい
  • 洗濯途中で洗濯物を追加できない
  • 縦型に比べると高価

実際に置いてみると分かりますが、ドラム式は思っているよりも大きく、奥行きもあるので置いてみると結構圧迫感があります。

また、縦型よりも洗浄力が劣るということですが、これは実際にわが家で使っている中では特に実感できません。夫の農業で使った汚れ物も洗いますがきれいになっています。

ドラム式は使う水が少なく、節水になりますがその分色移りがしやすいという特性があります。色移りしそうなものは別で洗ったり、一度手洗いしてみるといいかもしれませんね。

また、洗濯槽が横ないし斜めになっているので、洗濯の途中でフタを開けることができません。中の水がこぼれてしまうのでこれは仕方がありません。ただ、洗濯物の入れ忘れというのは結構あるので「あぁ〜…遅かった…」となることも多いです(笑)

そして値段ですが、やはり高いです。高機能の家電は高額なものも多いですが、ドラム式となると縦型と比べてもかなり高額になります。縦型が2〜3万円から売っているのに比べて、ドラム式は安くても5万円から、相場は10〜20万円くらいです。

毎日使うものなので、必要な機能やスペックはほしいですが予算とよく相談して決める必要がありますね。

オススメの洗濯機能

洗濯機を見ている小さな子ども

洗剤や柔軟剤の自動投入

これは縦型、ドラム式どちらでもモデルによって付いていますが、絶対ついているものを選ぶことをオススメします!

これまではわたしも毎回、洗剤を専用の投入口に入れて洗濯するタイプのものを使っていました。でも、気を付けていても洗剤が垂れてきて洗剤のボトルや手が汚れるといった経験はないでしょうか?

わたしはそういうことが割と頻繁にあり、それが結構ストレスになっていました。ティッシュで拭いてもベタベタしたり、毎回入れるのも面倒でした。また、使っていく内に洗剤投入口に洗剤や柔軟剤の残りが溜まって固まってしまうこともありました。

それが、自動投入機能を使えば全て解消されます!洗剤や柔軟剤を大体1袋すべて入れることができ、最初に入れておけば1袋使い終わるまで洗剤や柔軟剤の投入が必要ありません。

洗濯するときは、自動投入のボタンを押しておくだけで、洗濯物の量に応じて必要な量の洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれます。洗濯のたびに手が汚れることも入れる手間もありません。

毎日、毎回のことなのでこの手間やストレスがなくなるだけで洗濯がグッと楽に簡単になるのでぜひこの機能は使ってみてください^^

乾燥機能

縦型の洗濯機を使っている人のほとんどが外干しをしているのではないでしょうか。おひさまに当てたり、風に当てて乾かすことが多いですよね。

ドラム式洗濯機の強みである乾燥機能をオススメする理由は時短になるからです。わたし自身、洗濯物は外に干す習慣がついていたのでそれまでは何とも思っていませんでしたが、乾燥機能を活用するようになってから洗濯にかける時間が減りさらに楽になりました。

小さな子どもがいたりすると、目が離せなかったり、手がかかったりするので時間や手間を省くことができるのは嬉しいですよね。

洗濯が終了した時点でもう乾いているのであとはそれを畳むだけです。「干す、取り込む」この2つがなくなることでその分の洗濯にかかる時間が浮きます。その間に他の家事をしたり、一息ついたり、すきなことをすることもできますね。

フィルターの簡単お手入れ

洗濯や乾燥をしているとほこりや髪の毛などのゴミが溜まっていきます。これをこまめに取り除く必要がありますが、これも掃除がしやすいもの、お手入れが簡単なものを選ぶのがいいと思います。

楽に掃除ができることで掃除が苦じゃなくなりこまめにお手入れをすることができます。掃除がやりにくいものだと、面倒になってついつい後回しにしてやらなくなってしまいます。

フィルターが取り外せたり、水洗いできるタイプのものは掃除がしやすいですよね。お手入れが簡単にできるものかどうかのチェックはぜひしておきましょう。

洗濯干しや取り込み、フィルターのお手入れなどひとつひとつは大した時間や手間がかかるものではないかも知れません。でも、毎日もしくは毎回必要な作業になってくるので、その積み重ねは大きくなります。

時間は無限でなく有限です。1日の中で計画的にやりたいこと、やらなければならないことをこなそうと思ったときにはこの時間の考え方が大切になります。

ぜひ時短家電を活用して、自由な時間をそれぞれのすきなことに使って楽しい時間を過ごしてください♪最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^また次回お会いしましょう♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました