あなたの家は大丈夫?災害時に必要なリスク管理と危機管理とは?

暮らし

近年、津波や地震、大雨などの災害によって、災害時のリスク管理と危機管理について、考えなければならないと感じることが増えています。

いざ災害が起こるまで、災害時のことを考えていないという人も多いかもしれません。でも、起きてからでは遅いのです。

起きる前だからこそ、考えられること、備えておくことができることもあります。そのことが、万が一の時に重要になってくるのではないでしょうか。

今一度、災害時に備えて何をすればいいのか、何を考えておけばいいのかを考えてみましょう。

静岡の土砂災害

土砂崩れによる土石流

先日、数日間の大雨により静岡県の熱海で大規模な土砂崩れが起き、土石流が家屋や人々を襲いました。

今回の土砂災害の特徴は、短時間に大量の雨が降る集中豪雨ではなく、長い時間をかけて雨が降り続く長雨蓄積型だったということです。

集中豪雨ならば、住んでいる住民や自治体も危険を察知しやすかったかもしれませんが、雨自体はそれほど激しくないものでした。

土石流発生前の2日間で激しい雨の目安とされる1時間30mlは1度も観測されなかったということです。

そのため、住民の警戒する意識も高まらず、自治体も避難指示を出さなかったようです。実際に、普段と変わらない雨だったことから避難は考えなかったと話されている方もいました。

それでも、長く降り続いた雨は2日間で平年の7月1ヶ月分の雨量にものぼりました。

この災害により、集中豪雨だけでなく、通常よりも長く雨が降ることでも、住んでいる地形や場所によっては、今回のような災害が起こる危険性があることが分かりました。

自衛隊などの懸命な救助により、家に閉じ込められた人が何人も無事助け出された一方、土石流に家ごと巻き込まれた人、救出が間に合わなかった人もいます。

テレビで見る土石流が流れてくる光景は映画を見ているかのようで、とても現実だとは思えないものでした。

それがもし、目の前で起こっていたら…そう思うとぞっとします。今回、災害の被害に遭われた方は、土石流から逃れた人であっても恐怖と不安でいっぱいだったと思います。

「これまでの人生で一番恐怖を感じた」とおっしゃっている方もいました。

逃げ場所を失い、取り残された建物の中から、ただ目の前を流れていく土石流を見ているしかできない方の気持ちを想像したとき、とてつもない恐怖だったと思います。

今、自分がいる建物さえも土石流に飲み込まれてしまわないか、気が気でなく生きた心地がしなかったのではないでしょうか。

今回、亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、未だ安否の分からない人が一刻も早く救助されることを祈っています。

そして、これ以上被害が拡大しないように、被災された方が少しでも早く安心して生活できる環境が整うことを心より願っています。

リスク管理と危機管理

海辺の砂に埋まった家と車

こうしたニュースを見てもなお、時間が経ってしまうと人は「自分は大丈夫」だと思ってしまう傾向にあります。

「自分たちの住んでいる地域もいつ何が起きるか分からないから備えておこう」「万一の時のことを考えておこう」と思い、実際に行動に移せる人は少ないのではないでしょうか?

わが家は、地震などの災害が起こった時のために、家の中で暮らせる備蓄用の防災グッズと、持ち出し用の防災グッズを準備しています。

防災グッズについての記事はこちら▽

こうした事前に想定できるリスクの原因と予防策を考え、実行することをリスク管理といいます。

防災グッズを準備しておくことで、災害などが起きたときに、スーパーやホームセンターで買い占めが起き、必要なものが手に入らなかったり、外に買いに行けない状態でも、家で過ごすことができます。

こうしたリスク管理とともに危機管理も大切になってきます。危機管理とは、危機が発生したときに、それによる悪影響を少なくするとともに、いち早くその状況から脱出、回復を図ることです。

リスク管理で、事前に起こりうるリスクに対して予防策を立てて備えておくこと、危機管理をして被害を最小限に抑えることが大事です。

そのために、どういう状況になると家から脱出しなければいけないかも考えておく必要があります。

あなたの家は大丈夫?

地面から落ちそうになっている水色の家

防災グッズを準備しておく他に、地震の際に家具が倒れてこないように家具を固定しておくことや、食器棚から物が飛び出してこないようにストッパーを設置したりすることもできます。

また、寝室は寝ているところに倒れてきそうな大きなものがないか確認しておくこと、倒れそうなものを近くに置かないこともできる予防です。

また、地震の後の火災による2次被害が深刻だと言われています。ストーブなどの近くに燃えやすい衣服などをかけておいたり、洗濯物を近くで干すようにしないなども大切です。

普段から習慣づけておかないと、災害はいつ襲ってくるか分かりません。万が一の際は、精神的にも不安定で慌てているので、通常の思考回路が働かない可能性が十分にあります。

通常の精神状態では、「その時にストーブを消せば大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、そんなことをしている余裕はないかもしれません。「もしかしたら…」の意識を持つことが大事です。

そして、いざ避難しなければならないとなったときに、迷ったり困ったりしないように避難経路を確認しておいたり、実際に歩いてみること、そして避難場所をちゃんと把握しておくことも大事です。

特に、小さな子どもや高齢の方、障害をもっている人や体が不自由な人にとって、災害時は通常よりも行動しにくいことが予想されます。

ちょっとした段差や階段なども通行が難しい場合もあります。なので、事前に避難経路を一緒に歩いてみたり、避難場所まで行ってみることをおすすめします。

住んでいる地域はどんな場所?

海辺にある街並み

今、あなたやあなたの家族が住んでいる場所はどんな場所でしょうか?

今回、静岡の土砂災害があった場所は、山の斜面や斜面の下に位置していました。このような場所では、大雨や地震があった際には土砂崩れが起きる危険性があります。

大きな川の近くに住んでいる場合、または、土地が周りよりも低くなっている場所では、大雨で川が氾濫して洪水になることが予想されます。

海の近くに住んでいる場合は、地震によって津波が襲ってくることも考えられます。このように、今自分が住んでいる地域には災害時にどんな危険があるのかよく考えておくことが大事です。

どういう地形でどういう性質があるのか、どんな特徴のある土地なのか、などということは普段は気にも留めないようなことだと思います。

でも、今回のような災害から学べることを今後に活かすことが大事ではないかと思います。今一度改めて、自分の住んでいるところの特徴と危険性を知って、それに備える意識が重要です。

その上で、どんな状況になったら避難した方がいいのか、どこへどうやって避難するのか、連絡手段はどうするのかなどを家族で話し合っておくことが大切です。

住む場所を選ぶ

海の近くにある家と草原

これから住む場所を選べるという人は、場所選びの際に、考えられる危険性ができるだけ少ないところを選ぶのも大事なポイントです。

通常は、何も起こっていないと「そんなことまで気にしなくても大丈夫だろう」と考えてしまいがちで、それよりも立地や景色、気に入ったかどうかを重視してしまいます。

でも、土砂崩れが起こりそうな場所でないか、川の近くや周りよりも低い土地、洪水が起きたときにどこまで水に浸かってしまうのかなど、ハザードマップを参考にしながら場所を考えた方がいいです。

とはいえ、ハザードマップ重視で住む場所を決められる人ばかりではないかもしれません。仕事の都合や生活のしやすさなどいろいろな条件があると思います。

でも、何も考えずに決めた場所と、ある程度の危険のリスクを分かった上で決めるのとでは違うと思います。

何かあってから、「こんなはずでは…」ということにならないように、これから住む場所を選べる人は場所選びに災害の視点を盛り込んだり、引っ越せる人は危険の少ない場所に引っ越すのも一つの手です。

その場所に住み続ける場合でも、どんな危険があるのかを調べたり考えたりしておきましょう。

自分の住んでいる地域に起こりうる危険を考え、できる予防をし、大雨や地震が起きたら、どの段階でどう行動するのか、いつ避難するのかをぜひ考えておきましょう!

そして、一緒に住んでいる家族や離れた家族とも話し合って情報を共有しておきましょう^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました