コロナかも?と思ってから回復するまで。失くして気付く健康のありがたさ

マスクをしている女性 体のこと

毎日暑い中、体調を崩していないでしょうか?また、コロナウィルスの感染が拡大していることもあり、治療をしている人もいらっしゃると思います。

当たり前に動かせていた体が動かせなくなったとき、それまでの生活がどんなに快適だったのか思い知りますよね。

体調を崩したときにはいろんな選択肢を考えて、安静にしたり、病院へ行ったり、必要な対処をして自分だけでなく、周りの人への影響も考えることが大事です。

体調を崩してコロナウィルスの感染を疑ってから回復に至るまで、その経過と感じたことを書いていきたいと思います。

体調の不調

首に手を当てている女性

夏の暑い日が続いていますが、わたしは専業主婦なので暑い時間帯は家にいて元気に過ごしていました。

しかし、ある日の夕方から突然、頭痛と吐き気を感じ始めました。食欲もなく夕食も食べられず。夜に熱を測ると38.6℃あり、寝たいのになかなか寝付けないでいました。

なんだか寒くて毛布をかぶって寝ていましたが、だんだん体が温まってきたのか、暑いくらいになって「これは熱が上がってきたな…」と思いましたが、37.5℃しかありませんでした。あれ?なんなら下がってる(笑)

翌朝、起きてみるとすごく体がだるくてなかなか起き上がることができません。それでも、「息子の朝ごはんを作らなければ…」と起きて朝食の離乳食を作ります。

それからリビングに布団を敷いて、1日中息子とゴロゴロして過ごしました。それが2日間ほど続き、「熱が下がっているのにこの体のだるさ、気持ち悪さは何なのか?」といつもと違う違和感を感じていました。

コロナウィルス?

マスクをしている男性

感染力が高いコロナウィルスの流行がどんどん拡大している中だったので、「これはもしかしたらコロナなのかな?」と思い始めました。

コロナウィルスの症状として、軽度あれば風邪によく似た症状が出ます。

コロナウィルスの症状
  • 発熱
  • 空咳
  • 倦怠感
  • 喉の痛み
  • 下痢
  • 頭痛
  • 味覚、嗅覚の消失

などなど…。他にも結膜炎や重篤な症状になると息苦しさや胸の痛み、圧迫感、言語障害なども出ます。

普通の風邪でも出る症状が多く、わたしの場合も発熱と倦怠感、頭痛などが当てはまっていました。

ただ、特にコロナウィルスに感染する危険性の高い場所に行ったり、遠方の友人などとも会っていないので、可能性は低そうでした。

しかし、コロナウィルスは無症状であったり軽症の人も多く、その場合は普通の風邪との見分けが付きにくいため、気付かないうちに感染を広げてしまいます。

一緒に住んでいる家族や夫の職場仲間などに移してしまってはいけないと思い、病院へ行くことにしました。

PCR検査

検査をしている女性

事前に病院に電話し、症状を伝えた結果、念の為PCR検査をすることになりました。

車で来院し、病院の横に車を停め、車に乗ったまま医師の診察を受けました。そして、唾液によるPCR検査を受けるため、唾液を入れる容器を渡されます。

その容器に最低10ml唾液を取らなければいけないということで、容器を見てびっくり!かなりの大きさがあったのです。

すぐに溜まる人もいれば、かなり時間がかかる人もいるそうです。わたしは病院に着いてから、待ち時間や診察時間も含めて30分くらいで唾液の採取が終わりました。

「どうやったら唾液がそんなにすぐに大量に出るんだろう?」と思い、いろいろ検索!唾液が出やすいツボなどもありましたが、一番いいと思ったものは…。

それは、梅干しの画像を見ること(笑)酸っぱいもので検索しましたが、レモンや柑橘類よりも梅干しがかなり効果がありました。

酸っぱそうな梅干しを見て、それを口に入れる想像を頭の中ですると…自然と唾液が出てきます。延々、これをやってがんばりました^^;

そして、翌日に病院から電話があり、結果は陰性とのことでほっと一安心です。大丈夫なんじゃないかと思ってはいても、はっきり分からないと心配になりますよね。

コロナウィルスではないと分かって、夫や息子、地域の人にも影響がないことが分かって安心しました。

夏バテ?風邪?妊娠?

ベッドで横になっている女性

では、このいつもとは違う体のだるさや気持ち悪さはなんだったのでしょうか?

周りの人は「夏バテじゃないのかな〜」と話していました。風邪にしては熱も続かないし、鼻水や喉の痛み、咳も出ないのでもしかしたら夏バテだったのかもしれません^^;

また、下腹部が痛むこともあって、「妊娠の可能性もある?」と考えてみました。調べてみると、倦怠感、吐き気、発熱、頭痛は妊娠した時に出る症状でもあるということが分かりました。

妊娠の影響で体調不良になった可能性もありますが、体調を崩してから4日目で大分元気になってきたので、これで全快したらそれも違うのかもしれません。

連日、ニュースでもコロナウィルスによる感染拡大が報道されているので、普段とは違う体調不良に心配になってしまいましたが、考えられる選択肢はいろいろあったのですね。

それでも、もしもコロナウィルスにかかっていた場合、同居している家族がいたり、外に働きに出ている場合は、他の人に気付かないうちに移してしまうリスクがあります。

なので、「コロナにかかってしまったかもしれない」と思ったらまずはかかりつけの病院か、近くの病院に電話して相談してみましょう!

心配しすぎで杞憂に終わればいいですが、「大丈夫だろう」と楽観視して大丈夫ではなかった方が周りにも大変な影響を及ぼしてしまいます。

健康って尊い

夕焼けの中で手を広げて歩いている女性

わたしは大きな病気をしたことがなく、風邪をひくこともあまりないので、1年の中でほとんどの期間を元気に過ごしてきました。

今回、たった数日でも体調が優れず、思ったように動けなかったことで実感したことは健康のありがたみです。

元気に過ごせることが当たり前のような感覚で毎日過ごしていましたが、体がしんどいとそれだけでこんなにも苦しいんだなと痛感しました。

それは、今わたしが一人で暮らしているわけではなく、小さな子どもがいたりして動かざるを得ない環境にいるから余計だと思います。

体がだるいとちょっと動いただけでぐったりするし、何をしてても頭がズキズキ痛んだり、慢性的に気持ち悪さがあると、とてもあれもこれもと家事をしたり動いたりすることはできません。

それでも、息子のご飯は作らなきゃと思って、それだけはやっていました。それ以外は布団で休んでいましたが、それでもなかなかしんどかったです。それなのに、夜寝たいときは眠れない…。

ただ、元気であるだけで日中動きたいように動けて、やりたいことができる。それがこんなにも楽しいんだな、気分が違うんだなということを久しぶりに実感したのでした。

体調を崩しやすい人や、偏頭痛持ちの人、生理前に体調を崩す月経前症候群(PMS)の人、病気と闘っている人、長期間入院している人など…。

日常的に体調を崩したり、元気に過ごせることが少ない人はたくさんいるんだなと思うと、元気に過ごせることはこんなにも尊くてありがたいことなんだと思いました。

毎日やっているルーティンである家事やブログ、ミニチュアフード制作、散歩など、最近は「同じことの繰り返しだな…」とも思っていたのですが、自分でやりたくてやっていたのだと思い出しました。

体がだるくて、何をするのもしんどかった数日。今は、掃除をするのさえもちょっと楽しい。やりたいと思ったことができるって、とっても嬉しいことだったんですね。元気に動けることに感謝です。

当たり前に手にしている日常は、失って初めてそのありがたさに気付くことができます。そのことに気付いたときにはハッとするものの、時間が経つとまただんだんと慣れて当たり前になってしまうんですよね^^;

そのことを忘れずに、元気に過ごせる時間を大切にしながら過ごしていきたいですね^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました