まだハンドル操作ができない子どもと三輪車で一緒にお散歩に行く方法

地面に置かれた赤い三輪車 暮らし

まだハンドル操作ができないけれど三輪車に乗りたがる息子。後ろから押してあげるとハンドルが曲がっていて、ぐるぐると同じところを回ったり…。

はたまた、草むらに突っ込んでしまったり、車道に向かってしまったり。まだハンドル操作ができないと、まっすぐに進むのは難しいですね。

そんな場合でも、三輪車に乗って一緒にお散歩ができる方法を夫が見つけてくれました^^ そんな方法とわが家のお散歩風景を紹介したいと思います。

初めての三輪車

三輪車の後ろに座っている小さな男の子

ある日、近所に住む農家仲間から、子どもが使わなくなったという三輪車をもらいました。

1歳5ヶ月の息子はまだペダルにも足が届きませんが、乗せて押してあげると楽しかったのか、三輪車を見ると自分から乗るようになりました。

乗り方も、足が思うように上がらなかったり、サドルに靴が引っかかってしまって跨げなかったりと、最初はなかなか上手くいかず苦戦…。

それでも、どうしても乗りたいのか諦めない!苦労しながらも、何とか座れると「ふーっ」と満足気^^

自分では進めないのでニコニコしながらこちらを見て「さ、押して!」という感じです(笑)

一生懸命、三輪車に乗り続けているうちに今ではスッと足を上げてサドルと跨げるようになりました♪

サドルに座ってみたら、前と後ろが逆だった、なんてこともあり、それに気付いて降りて、また自分で前向きに座り直したりするところも可愛いです^^

犬とお散歩

勢いよく走っている犬

息子はもう歩けるので、息子のペースで2人でお散歩に行くこともあります。ただ、わが家は毎日犬の散歩に行くので、その時間に息子も一緒に散歩に行っています。

これまでは、抱っこひもで抱きながら歩いていたのですが、今はもう大きくなり、歩きたがるようになったので抱っこひもは使っていません。

最初は息子を歩かせながらゆっくり歩こうと思っていたのですが、歩くスピード以上に寄り道をします。

石や木の棒が好きな息子は、ちょっと歩いては石を拾い、ちょっと進んでは棒を拾い、最終的には砂遊びを始めてしまいます。

これではいつまで経っても犬の散歩ができません(笑)なので、犬と散歩に行くときは三輪車に乗せることにしました。

三輪車でお散歩

三輪車に乗っている子どもの足

喜んで三輪車に乗りましたが、息子はまだハンドル操作ができません。また、三輪車も押す人が後ろからハンドル操作ができるタイプのものではありませんでした。

そこで考えたのは、家にある犬用の長いリードを使うことです。中に鉄線が入っていて、その外側はビニールで包まれています。

首輪につけて繋いでおけるように、両端がカチャンと接続できる金具になっています。

そのリードの両端を三輪車のハンドルの根本に一周まわし、金具で止めるとちょうどいい感じになりました!

それを前から引っ張ってあげると、ハンドル操作ができない息子でも三輪車に乗って一緒に散歩することができます。

後ろから押してあげてもいいのですが、後ろから押すのだとハンドルがあっちこっちに向いてまっすぐ進むことが難しいです^^;

ただ、最近はハンドル操作がだいぶ上手くなってきて、ちょっと横にずれてしまっても、自分でハンドルを動かし、微調整するようになってきました!すごい。

それでも、まだ完全に自由自在にハンドル操作ができるわけではないので、後ろから押しながら、助けが必要な時はヒモを左右に引っ張って方向修正をします。

こうすると、子どもが自分でハンドル操作をする練習にもなり、かつ歩道から出ないように調整したりすることもできて便利です^^

子どもの世界

画用紙に絵を描いている小さな子ども

わが家の息子は「バイバーイ」や「はーい」という言葉以外、はっきりした言葉はまだ喋ることはできません。

でも、最近はむにゃむにゃと言葉にならない息子語をよく喋っています。指をさして一生懸命に何かを訴えたり、何かを見て笑ったりする姿がとても微笑ましいです。

自分の意思や感情が見えてきて、成長を感じるとともに、いろんな表情や言葉、行動がかわいくて、毎日かわいいが更新されていきます^^

また、三輪車で散歩していて、道を大きく外れそうになる時、「まっすぐ、まっすぐ!」「右!右!」なんてわたしが後ろから言っていると、スーっとハンドルの向きを道に戻します。

「つ、伝わってる?!」と思うくらい、上手にハンドルをさばいていきます(笑)

普段の生活の中でも、物音に振り返ってそちらを指さしたり、家の誰かが車やトラクターに乗って帰ってくる音がすると、「あっ!」「おっ!」と言いながらそちらを指さします。

そして、家にいるときに夫が帰ってくると、扉を開ける音で察知して「帰ってきた!」と嬉しそうにお出迎えに行きます^^

大人の目にはまだよく分かっていないように見えても、子どもは子どもの世界でいろんなことを感じているのだと思います。

今の息子には、どんな風に言葉が聞こえて、世界はどんな風に見えているのかな。どんなことを言いたくて何を話しているのか聞けたら面白いのになぁと思います。

でも、まだうまく言葉を喋れないこの時期は今だけなので、この時間を息子と家族と楽しんでいきたいと思います^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました