赤ちゃんの寝る場所はベビーベッド?床に布団?大きくなったらどうする?

ぬいぐるみと一緒に布団で眠っている女の子 子育て

赤ちゃんが生まれることになると、赤ちゃんの寝る場所について考えると思います。

ベビーベッドにするのか、それとも親の布団で一緒に寝かせるのか…など、どのスタイルがいいか迷いますよね。

ペットの有無、部屋の数や大きさ、家族の人数などにもよって変わるので、家庭によってそれぞれ違います。

どの寝かせ方がいいというものではなく、家庭の生活スタイルに合わせてその都度選択していくといいと思います。

ベビーベッド

かわいいベビーベッド

生まれて間もない時期で、ペットが室内で一緒に暮らしている場合はベビーベッドが安心です。

ペットの届かない場所に寝かせられることで、ペットが誤って踏んでしまったり、上に乗ってしまうことを防ぐことができます。

また、柵が下ろせるタイプのものだと、親のベッドのすぐ横にベビーベッドをくっつけておくことができます。そうすると、すぐに子どもの様子を見ることもできるし、寝かしつけも楽です。

ベビーベッドには高さを調節できるものもあり、子どもの成長に応じて、天板を下げることで柵を高くすることができます。

つかまり立ちをするようになったり、行動が活発になってきたりすると、子どもが柵をよじ登ろうとするようになります。

そのまま柵を超えて転落してしまっては大変なので、そのタイミングでベビーベッドをやめて床に布団を敷いて寝るようになる家庭も多いようです。

そのままベビーベッドで寝かせる場合は、子どもが超えられない柵の高さにしなければなりません。その時に、天板の高さを調節できる機能が重宝します。

これはかなり重要なものなので、これから新たに購入しようと思う人はぜひチェックしてほしいポイントです。

また、ベビーベッドの天板の下は、扉が開閉できるタイプのものはそこに物を収納することができます。よく使う子どもの生活用品やそのストックを置いておくと便利です。

布団で寝かせる

布団の上で眠っている小さな子ども

床に布団を敷いて、親子みんなで川の字になって寝るのもいいですね。床に布団を敷いて寝かせると、ベッドのように子どもが転落してケガをする心配がないので安心です。

親の布団に寝かせてもいいですが、特に生まれて間もない、まだ寝返りもできない時期は親が寝ている間に子どもを圧迫しないように注意してください。

心配な場合は、仕切りのついている赤ちゃん専用のベッドインベッドも売っているので、それを活用するといいと思います。これなら親が寝ている間に気付かずに赤ちゃんを圧迫する心配もないので安心です。

2歳を過ぎたら?

柵を掴んでいる小さな男の子

ベビーベッドは一般的に最長2歳まで使用できるようになっています。

床に布団を敷いて寝ている家庭では問題ないですが、ベビーベッドで子どもを寝かせている家庭の場合、2歳を過ぎたらどうやって子どもを寝かせるか考えなくてはいけません。

親と一緒に布団で寝ることが可能ならそれでもいいし、新たに子ども用のベッドを購入して親のベッドの横につけて眠ったり、子どもだけ別の部屋で布団で寝かせてもいいかもしれません。

夫婦で話し合って、それぞれの家庭のスタイルに合わせて子どもの寝かせ方や寝る場所を決めるといいですね。

わが家のベッド

明るくてオシャレなベッドルーム

わが家の場合、家が平家の18坪とこじんまりしていて、収納が多くありませんでした。そのため、収納スペースを確保するために収納付きのベッドを購入することにしました。

ベッドにすることで、布団を片付けておく押し入れが必要なく、ベッド下に収納スペースがあればそこに衣服や使わない布団などを片付けておけるからです。

しかし、ネットや店頭を見てもイメージ通りのぴったりのものが見つかりませんでした。そこで、夫が木材を買ってきて収納付きベッドを作ってくれました!

収納スペースには、市販の衣装ケースが入るだけの高さを確保し、手前半分は衣装ケースが並び、奥半分は使わない布団などをしまっておけるようにしてくれました。

このおかげで、めちゃくちゃたくさんの収納できるようになり、大助かり!

さらに、わが家はロボット掃除機を使っているので、ベッド下も掃除できるように、ロボット掃除機が通れる高さも計算して作りました。

そして、寝心地を気に入ったしっかりした固めのマットレスを購入し、いざベッドに置いてみると…。高さがめちゃくちゃ高くなってしまいました^^;

ベッドに手をついて「よいしょっ」と、ちょっとよじ登らないといけないレベルです(笑)

ロボット掃除機が通れる高さや衣装ケースが入る高さを確保し、その上にボリュームのあるマットレスを置いたのだから当たり前ですよね^^;

どれも必要なものだったので、そのひとつひとつをベストなものを選んでいて、総合的にどうなるかということをあまり考えていませんでした…(笑)

どうやって寝る?

ぬいぐるみを抱きながらベッドで眠る男の子

大人が使う分にはいいのですが、いずれ子どもと川の字で寝ようと思うと、さすがに危険です。誤って転落してしまうとケガをしてしまうかもしれません。

ベッドから落ちないように柵をつけることも考えましたが、柵とベッドの隙間に子どもが落ちてしまい、窒息する危険性もあるということでそれも得策ではありません。

わたしたち夫婦としては、ベッドで川の字になって3人で一緒に寝たかったのですが、現状では難しい状態です。

子どもの部屋に布団を敷いて親子3人で寝てもいいですが、そうするとせっかく作ってくれたベッドを使わなくなってしまいます。

なので、子どもの部屋に子どもの布団と大人用の布団を1組敷き、子どもを寝かしつけてからベッドで寝るという形を取ろうかなぁと考えています。

一緒に寝てしまう時はそのままその布団で眠ればいいし、ベッドに戻るときはベッドで眠ればいいかなと思っています。

夜中、子どもが起きてしまって泣いている時も子どもの部屋に大人用の布団を敷いておけば、また寝かしつけをする時も楽です。

親の部屋と子どもの部屋を行き来するのは少し面倒ですが、わが家の場合、それが今のところベストかなぁと夫と話しています。

子どもが物心ついた頃から一人で自分の部屋で寝るという習慣をつけることもできるのでこれもまたいいかなとも感じています。

息子は1歳5ヶ月なので、ベビーベッドを使えるのもあと半年ほどしかありません。その間にもっといいアイデアがないか考えてみたいと思います。

レンタルも

シンプルなベビーベッド

ベビーベッドは購入しても使う時期が限定されています。つかまり立ちをする頃にはベビーベッドを卒業するという家庭も多く、数ヶ月しか使わない場合もあります。

長く使えても2年間なので、地域によってベビー用品がレンタルされているものがあればそれを活用するのもいいと思います。

新品にこだわらなければ、コストも下げることができるし、使わなくなった後の置き場所に困ることもありません。

子どもを2人目、3人目と考えている家庭では購入してもいいかもしれませんが、その都度レンタルするという形でもいいですね。

値段の高いものや、場所を取る大きなものはレンタルすることができると便利です。子どもができたら、住んでいる町にそういったベビー用品のレンタルがないか調べてみることをオススメします。

もし住んでいる地域にレンタル制度がなくても、ネットで検索するとベビー用品がレンタルできるサイトもあるのでそちらも見てみるといいと思います^^

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました