子どもに伝えたいお金のこと。将来困らないために何をどう教えればいい?

帽子をかぶって腕組みをしている男の子 教育

お金の教育というと、何をどう教えればいいかよく分かりませんよね。それもそのはず、わたしたち自身が学校や家庭でお金についてほとんど教わってきていないから当たり前なんです。

それでも、生きていく上でお金は大切なものです。できることなら自分のこどもにはやりたいことをやって楽しく不自由なく生きていってほしいですよね。そのために何をどう伝えていけばいいのか考えていきたいと思います。

家の経済状況を共有する

積み重ねられたコイン

子どもの年齢にもよりますが、話ができるようになったら親の仕事について簡単にでも説明してみましょう。

何の仕事をしていて、どんな人にどんなことをしてお金をもらっているのか、何が大変で何が楽しいのかなど実体験を話してあげるといいと思います。すると、子どもは親がどんなことをしてお金を稼いできてくれているのかが具体的にイメージできます。

そして、年齢がある程度上がってくると、親の収入や家の経済状況についても話していきましょう。日本ではお金の話はタブー視されているような風潮があるため、抵抗のある人も多いかもしれません。

でも、子どもにとって自分たち家族が使えるお金がいくらくらいあるのか知らない場合が多いと思うんです。それだと、何をどのくらいどう使えばいいか分かりにくいですよね。

親の収入とその内訳を子どもと共有することで、子どもはいろんなことを学べると思います。

  • 全体の収入
  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 被服費
  • 教育費
  • お小遣い

こういったことについて考える機会というのは、一人暮らしをしたときが多いのではないでしょうか?でも、一人暮らしをするときになって初めて考え出すのでなく、実家で暮らしているときから把握できるといろんなことに活かせると思います。

まずは、こうして全体の収入から毎月必ず必要な「固定費」があること、そして自分が学校で勉強するためにお金がかかっているのだということ、その中でお小遣いをもらっているということ。

そうして、いくら残るのか、いくら貯金できるのかなどを知ることで、お金の大切さを知ることができると思います。お金のことは親がやっていて、お金の流れも使い道も知らないと、必要なときになったらお金が出てくるような気がしてしまうと思います。

そうではなく、自分が学校に行っている間に親が一生懸命どんな苦労をしながら働いているのか、そのお金でどんなことに使っているのかを知ることとで無駄遣いもしなくなると思います。

そして、仕事による収入は絶対にいつまでも安定して続くわけではないことも話しておきましょう。だからこそ、貯金の必要性があるし、無駄に使っている場合ではないと知ることができます。

子どもが自分でお金を管理する

ピンク色の豚の貯金箱

お小遣いをあげている家庭というのは多いかもしれません。その機会を子どもの学びにぜひ変えていきましょう。

お小遣いを何のために使うのかは子どもが自分で決めればいいと思います。でも、やってはいけないのが「今月はもう足りなくなった」と言われてまた追加であげてしまうことです。

これをしてしまうと、「言えばお金がもらえる」ということを子どもは学習してしまいます。お金の使い方を工夫したり、何を優先して買うか、どうやりくりしたらいいか自分の頭で考えることをしなくなります。

家庭の収入と支出の内容を把握したり、お金のやりくりというのはまさしく親が家庭でやっていることと同じですよね。その経験を子どもの内からやっておくとどうなるでしょう。

ひとり暮らしをする頃には、自然と月々固定費がいくらかかり、生活するためには何にいくらくらい必要か、そのためにいくらくらいの収入がいるのかが分かるようになっていくと思います。

そうなると、「家賃はここまで出せないな」ということや「食費はこのくらいに抑えよう」「遊びにはここまでなら使えるな」「その代わりここを節約しよう」など経験値をたくさん積んだ状態で自分の生活を始めることができます。

これはすごく大きなメリットではないでしょうか。また、お小遣いをあげるようになったら小さい時期から自分でお金を払って、買い物をする経験をさせてあげることも大事なことだと思います。人に買ってもらうだけだとこうなります。

<買ってもらう場合>

  • ほしいものを言う
  • 買ってもらって商品が手に入る

⬇︎

<自分で買う場合>

  • 自分のお財布と相談しながら何が買えるか考える
  • 自分でレジに持って行き、お財布の中からお金を数えて出す
  • お釣りとレシートをもらって商品を手に入れる

ただ買ってもらうだけだと得られるのは商品だけですが、自分で買うと商品だけなくこれだけの経験を得られます。お金の種類や単位の勉強、数える練習にもなりますね。

そうして、ほしいものを買うためにお金が足りなければ我慢をして貯めることを学びます。そして、我慢して貯めたお金で買いに行くからこそ、ものの価値やものを大事にすることも学ぶのだと思います。

この積み重ねがお金を自分で管理することです。子どもがお金の感覚をつかむために一番最適な場所は家庭の中だったのです。しかも、特別なことを教えるのではなく、「どうやって生活しているのか?」「生活していくために何が必要か?」をありのまま知ることです。

家庭の中だから、お金の使い方にちょっと失敗しても突然生活できなくなるなんてことはありません。大人になってから大きな失敗をするより、子どものうちからいろんな経験をさせてあげることが子どもの財産になります。

お金についてオープンに話す

海辺で笑って座っている親子と祖父

こうして家の経済状況について共有したり、子どもがお金を自分で管理するようになるとお金の話題が身近になると思います。そうしたら、身近なニュースや普段の買い物、お金にまつわるできごとなど、タブーを作るのではなく何でもオープンに話すようにするといいと思います。

親に収入について聞くと、「子どもが親にそんなこと聞くもんじゃない!」なんて言葉が返ってくる家庭もあるのではないでしょうか。昔はそれが当たり前だったかもしれませんが、子どもが将来困らずに生きていくために親が教えてあげられる大事な教育なのではないでしょうか?

何でもオープンに話せると、子どもは「何でも言っていいんだ、聞いていいんだ」と安心して話すことができます。親としてのプライドや話しにくさもあるかもしれませんが、子どもが気になることを何でも言ったり聞いたりできること、話し合うことができることで家族の関係はグッと深いものになると思います。

大人同士でも、腹を割って本音で話すからこそ信頼関係ができますよね。親子でも同じかもしれません。親の顔色をうかがって言いたいことが言えない関係じゃなく、お互いに何でも話せる家庭が増えるといいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^ 次回は、お金の教育【発展編】です。ぜひ読んでもらえると嬉しいです♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました