1歳の息子のお気に入り。安心するためのちょっと変わった方法

絵本を読んでいる小さな男の子 子育て

赤ちゃんや小さな子どもはそれぞれに自分の落ち着く、安心する方法を持っていたりしますよね。

例えば、指を吸ったり、お気に入りのぬいぐるみやタオルを持ち歩いたり。今回は、わが家の息子のちょっと変わったお気に入りの落ち着き方をご紹介^^

よくがんばっている息子

寝ている小さな男の子

息子は生後1ヶ月を過ぎた頃からネントレを始めて、自分で寝られるようにがんばってきました。

最初は布団に置くと、「ぎゃー!!」と泣いていましたが、諦めずにネントレをがんばった結果、今ではお昼寝のときも夜寝るときも、ベビーベッドに寝かせると、ゴロゴロしたあと自分で眠りに入っていきます。

ここにくるまで、大変な時期もありましたが、息子もがんばってくれ、わたしたち夫婦も負けずにがんばったおかげで、今ではすっかり自分で寝ることが習慣になりました。

最初は息子もおっぱいや抱っこがないと泣いて寝れなかったので、今ではちゃんと自分で寝られるようになって「えらいなぁ〜!」と毎日褒めています。

ネントレについての記事はこちら▽

そして、今はもう断乳しておっぱいを卒業しているのでおっぱいは飲んでいません。

おっぱいのトラブルも多くて大変でしたが、そのトラブルも落ち着いてきて、息子のおっぱいへの執着も少なくなってきているこの時期に断乳を決意しました。

断乳するとおっぱいが張って大変なことになるんじゃないかとか、息子も不安定になるのかなと少し心配もしていましたが、実際には驚くほどスムーズに断乳することができました。

断乳する前は授乳回数を減らしていたからか、おっぱいを1日中あげなくなってもおっぱいがガチガチに固くなることはなく、まずはほっと一安心。

息子もおっぱいを飲まなくても日中は元気に遊び、寝るときも絵本を読んだらおっぱいを飲まずにお布団にごろん。

いつもはこの寝る前のタイミングでおっぱいを飲んでいたので、「ぐずるかな…」と思いましたが、すんなり横になってゴロゴロしていたら気が付いたらすやすや。

しかも、夜中も起きずに朝までしっかり寝てくれました…!(すごい!)

今でも、夜中に泣いて起きることはありますが、背中をトントンしたらそのまま眠れたり、それが無理なときは一度しっかり起こして遊んで気持ちを切り替えると、また自分で眠っていきます。

こんなにスムーズに断乳できるとは思っていなかったので、少し拍子抜けでした^^;

でも、順調に断乳できてありがたかったし、とっても助かっています。息子は断乳してからも、よく食べ、よく遊び、よく眠っています^^

断乳についての記事はこちら▽

息子の安心する方法

四葉のクローバーを手に持っている赤ちゃん

そんな毎日よくがんばっている息子の安心する方法は、指を吸いながら服の袖の中に手を入れることです。

息子は、特別なお気に入りのタオルやぬいぐるみといったものはなかったので、出かけるときや一時保育に預けるときなども、「お気に入りはこれ!」といったいつも持ち歩くグッズはありませんでした。

その代わりに前からずっとしていた指吸い。親指や人差し指と中指だったり、子どもそれぞれに好きなスタイルがある指吸い。息子のスタイルは中指と薬指の2本吸い。笑

そして、その指吸いと同時に服の中に手を突っ込むのが息子のお気に入りみたいです。

それは、自分の服の袖だったり、ズボンの裾だったり、わたしや夫の服の裾や、抱っこしている時は胸元からがっつり手を入れてきます。笑

自分の服やわたしや夫の長袖の裾の中に、指を吸っていない方の手をねじ込んで、そこで落ち着きます。

狭いところに手を入れると落ち着くのか、指を吸いながら日々いろんなところに手を入れています。この間は、座っている夫のズボンの裾にも手を入れてきて、「ここにも?!」と2人で大笑い。

胸元に手を入れるのは、初めは抱っこしているときに目の前にあるわたしの服のファスナーで遊ぶのが好きで、上手にファスナーを下げて遊んでいました。

すると、わたしがファスナーを上げ、息子がまた下げ…という遊びをするときゃっきゃと喜ぶので、そんな風によく2人で楽しんでいました。

そうする内に、下げたファスナーの間から手を入れるようになり、時にはファスナーが下がっていなくても強引に手を突っ込む!笑

わたしの胸元に手を入れるのは、断乳したこともあり、おっぱいの感触やあたたかさを感じて安心しているんじゃないかなぁと思います。

毎日が冒険!

裸足で階段を登る小さな男の子とクマのぬいぐるみ

最近は、歩けるようになって行動範囲が広くなりました。外に出る時、靴を履くと慣れていないのか立ちたがらず、歩こうとしないので試しに裸足で歩かせてみるとどんどん歩く!

靴も徐々に慣らしていこうと思いますが、今は裸足や靴下でどんどん敷地内を冒険中です。靴下は真っ黒になりますが…。笑

土を触ってみたり、石を触って投げてみたり、葉っぱをちぎったり、でこぼこした地面を歩いて転んだり。

そんな経験が今の息子にとっては、とっても貴重で大切なものなんじゃないかなぁと思います。汚れてもいいから、どんどんいろんなことに興味を持って触れて、試して、感じてほしいなぁと思います。

家の中でもよくかくれんぼや鬼ごっこをして遊んでいます。追いかけるとキャッキャと喜んで逃げて、こちらが逃げるとズンズンと追いかけてきます。

隠れていると、いろんなところをキョロキョロ。あちこち探して見つけ出すと、「見つけた!」とにま〜っと嬉しそうな満面の笑み^^

外で靴を履いて歩けるようになったら、もっと外を探検したり、一緒に散歩に行ったり、公園に行ったりしたいなぁと思っています。

そして、帰ってくるとまた指を吸いながら反対の手は服の中へ…。笑

冒険して、そのあとは安心するところへ帰って、パワーをためてまた冒険へ、この繰り返しをして子どもは大きくなっていくんだなぁと思います。

いつでもここにいるから、安心して遊んで、冒険しておいで〜。そんな姿を今は近くから、これから大きくなるにつれて少しずつ離れていきながら、ちょっと遠くから見守っていきます^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^ また次回もぜひ読んでもらえると嬉しいです♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました