【時短家電シリーズ】便利で簡単!スチームオーブンレンジのBistroを使ってみた

ワッフルとその材料 暮らし

時短家電にはドラム式洗濯機やお掃除ロボット、食器洗浄器などいろいろありますが、今回はスチームオーブンレンジのBistroを使ってみたメリットやデメリットを解説していきたいと思います。

スチームオーブンレンジって何ができるの?

おいしそうなラザニア

名前の通りレンジやグリル、スチームやオーブン機能のついているもので、温めることはもちろん、焼く・煮る・蒸す・揚げることができます!

普通の温める機能しかないレンジに比べるとできることが格段に増えます。レンジはできた料理を温めることが主な役割ですが、オーブンレンジやスチームオーブンレンジだと、温めだけじゃなく、生のままの食材を入れて調理することができます。

なので、これはもう立派な調理器具ですね。使える機能を活用して料理をすると、時短になったり手間が省けて便利です。

わたしが買ったのは、PanasonicのスチームオーブンレンジのBistroです。これまでは、温め機能だけの単機能の電子レンジを使っていたので、買い替えを機にオーブンレンジを使ってみようと思いました。

TOSHIBAの石窯ドームやHITACHIのヘルシーシェフ、SHARPのヘルシオなどいろんな種類があって迷いましたが、時短調理ができるワンボウル機能があったので、Bistroを選ぶことにしました。

Bistroの便利なところ

おいしそうな中華料理

ワンボウル機能

ワンボウル機能とは、耐熱性のガラスボウルに下ごしらえした材料を入れ、そのままレンジで必要な時間加熱するとそれだけで料理ができあがるというものです!

Bistroには、ワンボウルでできるレシピが付いているので、それを見ながら作ることができます。種類は、パスタや中華・フレンチ・シチュー、やみつき野菜・かんたん煮物などがあります。

<パスタ>

  • ナポリタン
  • カルボナーラ
  • アサリのゆずこしょうパスタ
  • きのこの白みそパスタ
  • エビと野菜のペペロンチーノ

<中華・フレンチ・シチュー>

  • 八宝菜
  • エビチリ
  • 酢豚
  • 麻婆豆腐
  • キッシュ風オムレツ
  • 鮭のクリーム煮
  • カレー
  • シチュー

<やみつき野菜・かんたん煮物>

  • おくらの梅肉和え
  • ピーマンとツナの塩昆布和え
  • にんじんのハニーマスタード
  • れんこんのカレーマヨきんぴら

など、多彩なメニューがあります。それぞれの調理メニューがあって、そのボタンを押すだけで、必要な火力や時間で調理してくれます。

フライパンで作っても簡単にできますが、材料を切って入れたらあとはBistroにお任せできるので、加熱している間に他のことができます。

あたため・解凍機能

センサーにより、食品の温度を測定し自動であたためや解凍をしてくれます。それにより、冷凍ごはんと冷蔵おかずなどの温度の違うものも同時にあたためることができます。

また、これまで単機能の電子レンジで解凍していたときは、解凍機能のあるものだといいですがそれがないとあたためで解凍しなければなりませんでした。

様子を見ながら少しずつ加熱していかないと、「気付いたら加熱しすぎてお肉の色が変わってしまった!」なんてことも…。

Bistroでは、解凍するときにスチームを使いながら解凍します。解凍ムラを抑えて中まで解凍することができます。

グリル機能

冷凍したものを解凍せずにそのまま焼くことができたり、上段と下段で別々の料理を同時に加熱することもできます。また、予熱をせずにピザやパンを短時間で焼くことができたり、買ったパンやお惣菜の揚げ物などを温め直す機能もあります。

冷凍の食パンだと表面しか焦げ目をつけることはできませんが、冷凍でなければ両面に焦げ目をつけてトーストすることもできます。食パンはスチーム機能を使ってふっくらトーストすることもできます。朝ごはんにも活躍しますね^^

また、グリルで加熱する際は、両面、上のみ、下のみとどのように加熱したいかを選ぶこともできます。表面だけ焼きたい場合や、両面焼きたい場合などに応じて使い分けます。

スチーム機能

蒸し器がなくても、茶碗蒸しや蒸し魚、餃子にシュウマイ、ゆで卵まで作ることができます。ゆで卵はお鍋で作るとお湯を沸かしたり、ゆで時間を計ったりする必要がありますが、Bistroだとそれもボタン1つで温泉卵まで作れます。

オーブン機能

オーブンでは、上下の2段を使い手作りのパンを一度にたくさん焼くことや、ケーキやクッキー、シュークリーム、カステラなどいろんな種類のお菓子を作ることができます。

たくさんのお菓子のレシピも説明書に載っているので、初めて作るお菓子でも本を見ながら作ることができますね。

Bistroの難点

手で顔を覆う男の子とクエスチョンマーク

難点を挙げるとすると、まずは値段がけっこうします。とは言え、いろんな機能がついており、便利なものはある程度の値段がして当たり前です。

安くて、あたためなど必要最低限の機能のものを選ぶか、ある程度の金額を出していろんな機能を使って時短家電として使うかはそれぞれの生活スタイルや好みによります。

初めは、あたためなどの最低限の機能の安いものを買おうと思っていました。ですが、子どもも生まれ忙しくなる中でちょっとでも便利なものを活用して時間を作ろうと思ったので、多機能のものを買うことにしました。

実際に使ってみての感想ですが、おおむね満足しています。お手入れも楽だし、あたためだけでなく、解凍やグリル、スチームでの調理などをよく使っています。

ただ、ワンボウルの料理の中にはフライパンやお鍋で作った方がおいしいなと思うものもあります。例えば、シチューやカレーなどは分量通りに作ってもちょっと薄くなってしまう気がします。

そこは、水の量を少なめにして調理し、濃ければ後から水を足すということで対応しています。他にも、お肉や野菜を炒める料理はフライパンを使って作った方が食感が野菜はシャキッと、お肉はジューシーになりますね。

レンジで作るとどうしても野菜がシナっとしたり、お肉がふにゃっとしてしまいます。こんがりと炒めた食感は出しにくいので、焦げ目や食感などを大事にしたい料理にはフライパンやお鍋が向いているかもしれません。

さいごに

ハートの形のワッフル

レンジの値段や調理にかける時間、料理の仕上がりなど全てを思い通りに叶えることは難しいので、値段や時間、手間などの中で何を優先したいのか考えてみるといいと思います。

多機能オーブンレンジは、比較的高額になってしまいますが、普段の料理が簡単にでき、そして時短になります。調理方法や仕上がりにこだわりたい料理に関しては、時間をかけても好みの仕上がりになるように自分で調理するという感じにするといいと思います。

使ってみて少し残念な点もありましたが、それを差し引いても、普段の生活の中で活躍してくれているので、個人的には買った価値ありだったと思っています。Bistroのオーブンレンジには、ボタンひとつでできる料理のレシピがたくさん付いているので、毎日の献立を決めるのにも参考になりますね!

レシピがたくさんありまだ試していないものもあるので、一通りレシピに載っているものを作ってみるとより便利に使いこなせると思うのでやってみようと思います。

何でもやってみて、いいものは取り入れてやっていくと、生活が楽しく便利になっていきます。生活をよくするために多機能オーブンレンジを活用してみてはいかがでしょうか^^?

最後まで読んでいただきありがとうございます^^また次回お会いしましょう♪

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました