初めての出産。逆子での帝王切開のはずが、手術前日に逆子が直る!

目を丸くして驚いた表情の男の子 子育て

逆子が直らず帝王切開での出産に

手術をしている医師達

最初の記事でも簡単に書きましたが、今回は気分屋の我が子について。妊娠8ヶ月頃の妊婦健診で、いつも通りエコーを受けていると、

「逆子ちゃんですね~。でも、週数的にまだまだ赤ちゃんが自然に回ることもあるので様子を見てみましょう~」

とお医者さんに言われたので、しばらくは特別に何もせず過ごしていました。妊娠9ヶ月頃の妊婦健診でもまだ逆子が直っておらず、

「そろそろ逆子体操をやっていきましょうか~」

ということで、その日から寝る前に逆子体操を始め、毎日やってみるも直らず…。すると、その後お医者さんから

「初産だし、このまま逆子が直らなかったら、逆子のまま産むリスクを減らす為、帝王切開で出産しましょう」

と今後の方針とリスクについて話されました。

病院の方針にもよりますが、初産で帝王切開で出産すると、第2子を産む時も逆子かどうかは関係なく、帝王切開になることが多いそう。

それは一度、子宮にメスを入れると、帝王切開の手術後、問題なく傷が塞がったとしても、第2子の出産の時にいきんで力を入れることで子宮が破裂してしまう恐れがある為、帝王切開での出産が望ましいとのこと。

赤ちゃんを自分の力で産むことや、立ち会い出産も出来なくなっちゃうんか…しゅん。

夫と力を合わせて出産に臨むのを楽しみにしていたので、ちょっと残念な気持ちに。

大切なことは赤ちゃんが元気に生まれてきてくれること

生まれたばかりの赤ちゃん

「逆子体操を毎日やってるけど、なかなか逆子が直らへんねん~」

と、母にこぼしていると

「誰もが望んで妊娠出来るわけじゃないし、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれたらそれでいいやん」

と言われ、ハッとしました。赤ちゃんがほしいけど、なかなか授かることが出来なくて苦労してる人もいる。

妊娠できたことを喜んでた筈やのにいつの間にか、もっとこうなら良いのにって、ないものねだりになっていたことに気付きました。

妊娠を望んだわたしたち夫婦の元に赤ちゃんが来てくれたこと、ここまで順調に大きく成長してくれたことだけでも、本当はめちゃくちゃ幸せなことやったんやなぁと。

願いは、元気に生まれてきてくれて、無事に会えることだけ。そう思い直し、逆子が直らないことはあんまり気にしないことにしました。

赤ちゃんが生まれてくる方法はこだわらなくていい。

赤ちゃんがその方法を選んで生まれてくるんやな!

いよいよ入院するも、まさかの逆子が直る

びっくりマーク型の雲が並ぶ青空

そのまま最後の健診まで過ごし、術前検査(血液検査や尿検査、心電図、X線など)を受け、「次はいよいよ入院!」と出産が間近なことを実感してドキドキ。

手術前日の朝に入院し、麻酔科の先生の問診と使用する麻酔の説明を受ける。入院の病室まで行き、簡単な検査を受け夫は家路へ。

入院着に着替え、ベッドで横になっていると眠くなりウトウト…。お昼ごはんは、メインに副菜、デザートの果物にお菓子までついていて大満足^^

午後に看護師さんが赤ちゃんの心拍を確認しようとすると、

「ん…?これはもしかしたら…逆子直ってるかも…」とのこと。

え!明日、手術やのに?!

もう帝王切開で出産する覚悟をしていたので、拍子抜けでちょっと笑っちゃいました。しっかり確認する為にお医者さんにエコーで診てもらうと、

「逆子、直ってますね!あとは、赤ちゃんのタイミングなので退院しましょうか^^;」

と言われ、入院した日に退院することに。笑

「ここにきて、まさかの逆子が直った~。迎えに来て~」

と家に帰ったばかりの夫に連絡。

え!!なんじゃそら?!

家に帰って、ちょっと一息つこうと思っていた夫はびっくり。笑

いつでもわたしを病院に連れて行けるように、ここしばらくお酒を飲むのを我慢してくれていた夫。わたしが入院したことで、やっとお酒を解禁しようとしていたまさにその時!

「ちょっと待った!」と、わたしからの連絡が入ったのでした。笑 これで、お酒が解禁できる日は延期に^^; わたしとしても、

「明日の今頃にはもう生まれてるんやなぁ~」

と思ってたけど、いつ生まれるかは赤ちゃんのみぞ知ることに。

出産は直前までどうなるか分からない

びっくりマークとクエスチョンマークを持つ女性

帝王切開の予定の時は手術の怖さもあったけど、日にちが決まってることで心づもりが出来ました。

経膣分娩が出来るとなると、出産がいつになるのか分からなくてそわそわするけど、夫と一緒に出産に臨めることが嬉しい。

出産までの痛みを一緒に乗り越え、出産の瞬間の喜びを共有することは、これからの子育てをする上でも大切な経験になるんじゃないかと思うので^^

そして、予定日になっても生まれてこない我が子。笑 

まだもうちょっとお腹の中にいようかな~

まだ時間がかかるんかな~。

ドキドキ、わくわく、そわそわしながら待ってるからな~^^

次に、赤ちゃんのことを書くときは今度こそ生まれた時に!

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました